夢と、夢に向かう姿勢

生き方

先日、子供の運動会があった。

その帰り道こんなポスターを見つけた。

IMG_8959

「人生は夢だらけ」
いいコピーだな、と思う。
調べてないので分からないけど、恐らくかんぽ生命の学資保険あたりをイメージしたポスターなんだろう。

夢ね。
僕は最近禁煙治療薬の副作用で、「異常な夢」をよく見るんだけど、これは「寝て見る夢」
当然ここでいう「夢」は、「起きて見る夢」だ。

僕の各世代の夢

子供の頃は誰でも夢を見ていたはずだ。
小学校の頃には誰でも学校で書かされたはずだ。
「歌手」「宇宙飛行士」「野球選手」「サッカー選手」「医師」「刑事」「看護師」「女優」「俳優」といった具合に。
僕には、何を書いた記憶が無い。
多分何かを書いたんだけど、実際の僕のそのころの夢は、「食べたいものを思ったままに沢山食べる」ことだった。

良かったことに、それは今はもう粗方達成している。

また、高校時代の夢、というか高校では夢ではなく、「将来の進路」というものだったと思う。
それは思い出せる。
「公務員になること」
だったはずだ。

ちなみに、その夢を書いたシートには目指す大学のような項目があったが、そこに僕は北海道大学と書いた。
そうすると当時の担任は、「お前には絶対無理」と言う。
ま、その高校は当時、北海道大学への進学実績が無いようなところだった。
全国レベルではそこそこ勉強が出来る人が行く大学だと思うけど、北海道内に限っては、北海道大学は東大みたいなものだったしね。
でも、その教師は未だ僕はどうしようも無い教師だと思う。
だって、子供の夢を潰すことを言うわけだけらさ。

今考えると赤面ものの夢だが、理由はひとつ。
「安定した生活を得る」というものだった。
当時の僕の住まいは、平屋のボロボロの長屋で、外壁はゴツゴツとしたモルタルが剥き出しだった。
そんなところに母と二人暮らしだったわけだから、安定した生活を希求していたわけだ。

夢に向かう姿勢とは

そのうち、僕の夢は変容していく。
まず公務員や北海道大学には全く興味が無くなった。
ある本に出会って以来、考えが一変したからだ。
それから今に至るまで、夢は、出ては消え、の繰り返しだ。
そして、今も夢はあるのだ。
まさに、「人生は夢だらけ」の状態だ。

作家の中谷彰宏さんは、夢に向かう姿勢を著書の中でこう表していた。
「夢というのは、『アナタの夢は何ですか?』と聞かれる、その『夢は何』と言われるその言葉に被るぐらい即答できなければ、本当の夢じゃありません」と。
僕は即答出来る。

だから、現実は色々あって叶える事は結構難しいかなとも思うけど、そんな夢に向かう心を持って過ごす毎日が楽しい。
その夢を持って、それに向かって努力しながら楽しく過ごす毎日こそが、夢を叶えていることかも知れないね。

関係ないけど、「歩きスマホ」の連中に対抗して、「歩き読書」だ。僕はこんな人見た事無いけど。でも、こっちの方がよっぽどマシだと思うけどね。

関係ないけど、「歩きスマホ」の連中に対抗して、「歩き読書」だ。僕はこんな人見た事無いけど。でも、こっちの方がよっぽどマシだと思うけどね。

能戸 淳

能戸 淳

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、ですがその匂いが全く感じられないといわれます。 2021年からブログを雑記から「食事」「ガジェット」「お出かけと旅」「写真と動画」「あの日、あの時」「仕事」に絞り込んだ内容にし、それ以外は独立したサイトやSNSに順次分離します。

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

能戸 淳

能戸 淳

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、ですがその匂いが全く感じられないといわれます。 2021年からブログ内容を雑記から「食事」「旅」「映像」「音楽」「資格取得」「生き方」に絞り込んだ内容にします。

最近の記事
  1. ネコの口元って・・・

  2. 悩ましい。MFTか、フルか。

  3. 2020年の年の瀬、高尾山に登る

Twitter でフォロー

Instagram

Count per Day

  • 102現在の記事:
  • 830974総閲覧数:
  • 201今日の閲覧数:
  • 200昨日の閲覧数:
  • 1522先週の閲覧数:
  • 3663月別閲覧数:
  • 499211総訪問者数:
  • 152今日の訪問者数:
  • 160昨日の訪問者数:
  • 1174先週の訪問者数:
  • 2526月別訪問者数:
  • 146一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年6月2日カウント開始日:

今後のイベント

今後のイベントはありません

TOP