鉛筆を削る【京都造形芸術大学 創作日記#8】

【京都造形芸術大学創作日記】

鉛筆をカッターで削る。
カッターとHi-Uni 6B

ふう。

Hi-uni 6Bから6H

Hi-uni 6Bから6H

鉛筆を削るのって、時間かかるけど、楽しい。

僕がとる「造形基礎演習」という科目では、提出課題は静物デッサンだ。
以前道具は揃えたが、まだ進捗していなかった。

で、道具を揃えて、かなり時間が経って鉛筆を削っていたわけ。
ただ、デッサンの本に載っているようには、うまく削れないな。

遅れても、着実に。
この鉛筆削りから、スタートだ。

そういえば、4%伝説って・・・

また本棚を整理していたら、昔読んだこんな小説が。

三好京三さん著「キャンパスの雨」

三好京三さん著「キャンパスの雨」


[amazonjs asin=”4167231077″ locale=”JP” title=”キャンパスの雨 (文春文庫 (231‐7))”]
奇しくもこの小説は、通信教育部で大学卒業を目指す主人公の、夏季スクーリングを舞台にした小説だ。

K大学となっているが、モロに三田や日吉と書いているので、著者の三好京三さんも卒業した慶應が舞台だろう。

この本の205ページに卒業率についての記述がある。

「通信教育は、卒業する割合が四パーセントですって」

・・・ナゾの通信教育課程の卒業率4パーセント伝説はここから来たのかしら??

それにしても今日は、何とも興味深い報道が多かったな。
それについては、また明日。

能戸 淳

能戸 淳

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、ですがその匂いが全く感じられないといわれます。 2021年からブログを雑記から「食事」「ガジェット」「お出かけと旅」「写真と動画」「あの日、あの時」「仕事」に絞り込んだ内容にし、それ以外は独立したサイトやSNSに順次分離します。

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

能戸 淳

能戸 淳

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、ですがその匂いが全く感じられないといわれます。 2021年からブログ内容を雑記から「食事」「旅」「映像」「音楽」「資格取得」「生き方」に絞り込んだ内容にします。

最近の記事
  1. 最大濃度!

  2. ネコの口元って・・・

  3. 悩ましい。MFTか、フルか。

Twitter でフォロー

Instagram

Count per Day

  • 298現在の記事:
  • 832122総閲覧数:
  • 24今日の閲覧数:
  • 379昨日の閲覧数:
  • 1808先週の閲覧数:
  • 4811月別閲覧数:
  • 500004総訪問者数:
  • 24今日の訪問者数:
  • 210昨日の訪問者数:
  • 1310先週の訪問者数:
  • 3319月別訪問者数:
  • 184一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年6月2日カウント開始日:

今後のイベント

今後のイベントはありません

TOP