奥深い、接客技術。

クレーム

僕はデジタルガジェットがとても好きなので、家電量販店に通りがかると必ず新製品をチェックする。
もちろんWEBサイトを中心に、PC、スマホ、タブレット、ミュージックプレイヤー、スチルカメラ、ビデオカメラ、映像制作機器、等の新製品・新技術は常にチェックしている。
とまぁ、とはいえ僕はそれらを扱う企業には所属していないので、いわゆる素人さんだ。

唯一来るiPhone6に対抗できるスマホ、
XperiaZ2

IMGP7927
ある時僕は某大型家電量販店に居た。
そして、ソニーのXperiaZ1を手にとっていた。
使い勝手を実際に手にとってチェックするためだ。
僕は、つい最近まで日本メーカーのスマホには全く興味が無かった。
というのは、それらはデザインも、機能も、使い勝手も、どれ一つiPhoneに勝てない、要は見劣りするからだ。
ただ、1機種だけ僕がイイと思っていたのがこのXperiaZ1だ。
その日の数日前には後継の「Z2」が発表されて、その性能とデザインは、WEBで見る限りではさすがのアップルファンの僕でも、「乗り換えようかしら?」と思わせるものだった。

さらにXperia Z2は4Kムービーの撮影にも対応。

引用元: 4K・ハイレゾ・ノイズキャンセルなど、機能てんこ盛りのソニー「Xperia Z2」 – GIGAZINE.

ただ、やはりどうも使い勝手に難があるんだよね。まぁ、日本発売直後からiPhoneを使い続けていた慣れもあるけどさ。
まぁそれくらい真剣に考えるほど、Xperiaには関心があるんだよね。

ダメだ、こりゃ・・・

そんな中、女性の販売員が近づいてきた。
「何か分からないことがあれば聞いてください」
そう言われたので、少々Xperiaに関するマニアックな質問をした。
「・・・」と無言で何処かに行ってしまった。
僕は絶句した。無言で立ち去るって、これ、接客じゃないでしょ??
大型家電量販店のケータイの販売員はマジでウルサい。
大きい声で「安い」とか「割引」とかわめいていて、ここは魚河岸や八百屋かよという感じだ。
プラス「まとわりつく」のだ。
で、その直後、今度は男性の販売員がまさに「まとわりついてきた」。
販売員「どうですか、いいですよね」
僕「確かにイイですけど、Z2やiPhone6が気になっちゃて・・・。Z2、あの4K動画が魅力ですよね」
販売員「・・・」と無言になって、今後は話をすり替えて、性能云々の話をすっ飛ばして乗り換えどうですと勧めてきた。
・・・こいつら、自分が扱っている商品についてなーんにも勉強してないのだ。

「プレミアム相談コーナー」、
作ってよ

まぁ、しょうが無いよね。ケータイ売り場にいる販売員は、ほぼ全てと言って良いぐらい、学生バイトや人材派遣だらけみたいだからね。
プロ意識やビジネス感覚を持てということ自体が土台無理というものだ。
この連中は、知識があるリーダー格にトスアップ(声掛け)する連中と割り切って使っているんだろうけど、実際の成約率はどうなんだろうね。
僕なら、ハナから知識があるマトモな人と意見交換して買う商品を決めたい。
何より、この手の販売員と話すこと自体、虫酸が走るのだ。
僕は余計にお金でも払っていいから、「プレミアム相談コーナー」みたいなところでケータイを買いたいんだけど。

絶対、一定のニーズはあると思うんだけどな・・・。

逆にお客さまを素人扱いするヤツも
最低そのものだ

逆に少々マニアックな店に行くと、今度は逆に偉そうにしている販売員が存在するのだ。
マニアックな事を聞くと、「そんなことも知らないの?」みたいな感じで偉そうに講釈を垂れる。
特徴的なのは、その聞きたい話から脱線して聞いてないことまで延々と話すのだ。
マジで鬱陶しいし、時間のムダだ。
・・・自己満足は、SNSかブログでどうぞ。
中途ハンパはプロは、そうやってお客さまをバカにする傾向がある。
僕がこれまでいた業界でも、そのようにお客さまを影で、「知識不足」だの「レベルが低い」だの言っている輩が一定数いた。
そういう連中は自分の立ち位置を分かっていないのだ。「お前は誰のお陰で『おまんま』食っているだよ!」と言いたいんだけどね。
マジで「人としての根本たる、お前の人間性の方が、圧倒的にレベルが低いぜ」ということだ。

そんな接客というビジネスの現場での行為。
頭が空っぽでもダメだし、知識をひけらかして自己満足に浸るのもアウトだ。
「接客技術は奥深い」。
僕はいつも思う。

能戸 淳

能戸 淳

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、ですがその匂いが全く感じられないといわれます。 2021年からブログを雑記から「食事」「ガジェット」「お出かけと旅」「写真と動画」「あの日、あの時」「仕事」に絞り込んだ内容にし、それ以外は独立したサイトやSNSに順次分離します。

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

能戸 淳

能戸 淳

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、ですがその匂いが全く感じられないといわれます。 2021年からブログ内容を雑記から「食事」「旅」「映像」「音楽」「資格取得」「生き方」に絞り込んだ内容にします。

最近の記事
  1. ネコの口元って・・・

  2. 悩ましい。MFTか、フルか。

  3. 2020年の年の瀬、高尾山に登る

Twitter でフォロー

Instagram

Count per Day

  • 126現在の記事:
  • 831264総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 243昨日の閲覧数:
  • 1525先週の閲覧数:
  • 3953月別閲覧数:
  • 499425総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 176昨日の訪問者数:
  • 1152先週の訪問者数:
  • 2740月別訪問者数:
  • 165一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年6月2日カウント開始日:

今後のイベント

今後のイベントはありません

TOP