「見抜けなかった」人たちの罪

ニュース・時事問題

↓↓↓これこれ。
IMG_5884
僕は数年来Macを使っているので、「コピペ」するときは、この通り、command+C、そしてVだ。
「コピペ」と言えば、あの人だ。

関心は別のところにあるんだけど

ご存じの通り、STAP細胞論文捏造のニュースは色んなメディアで取り上げられているよね。
僕が関心があるのは、ただただ、その論文が捏造して作ったかどうかより、その論文にある「万能細胞」というのを、マジで再現できるかどうかだ。
コピペ、確かに倫理上絶対良いはずがないし、功を急いでしまったかもしれない。
現実問題として、研究費というのはどこの研究室でもノドから手が出るほど欲しいわけだから、研究費稼ぎのためにちょっと勇み足をしたかも知れない。
でも僕が、それ以上に関心があるのは、あの方による「博士論文」や「STAP細胞論文」がオカシイということを見抜けなかった人たちの存在だ。

おいおい、何人の目を通ってきたんだよw

その博士論文。
あれって、提出すればいいものなわけじゃないでしょ。
審査されるものだよね。
っていうか、大学によりけりだろうけど、博士論文を提出するためのハードルとして、専門的な査読付きの学術誌にいくつか論文を載せていたわけでしょ。
ということはだよ。
博士論文の他にもデタラメがまかり通っていたかも知れないということだ。
さらに今回、ここまでくると、

普通の論文では本文で文献を参照した箇所に(1)などの番号を添えるが、図を除いて5ページある第3章の本文にはこのような番号はつけられていない。このため、意味不明な参考文献リストになっている。
引用元: 小保方さんの博士論文、参考文献リストもコピペか (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

ハッキリ言って、誰も見ていなかったわけでしょ。

まったく、何人の目をすり抜けたんだ?
というより、その博士論文に限らず査読をしていた連中は何をしていたんだ?
僕はむしろその連中に罪があるのだと思うけど。

学会の人気者だったのかしら?(妄想です)

学者の世界は超閉鎖的な社会、それも徒弟制度に限りなく近いと言われているよね。
だとすれば、あの方はきっと、その道の学界の人気者だったんじゃないかな。
※ちなみに大学院の時のゼミの教授に超嫌われてたんだけど。っていうか僕も大嫌いだったけどさ。

前にも書いたけど、やっぱり人って好きな人には甘いし、優遇なりをするのが常じゃない?
勘違いしないで欲しいけど、女性だからというわけじゃないよ。
こういった学者の世界なら尚更だろう。
それが、甘い査読、審査につながったんだろうと思う。
・・・この最後の見出し以降は僕の妄想。
っていうか、だと思うんだけどね・・・。

能戸 淳

能戸 淳

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、ですがその匂いが全く感じられないといわれます。 2021年からブログを雑記から「食事」「ガジェット」「お出かけと旅」「写真と動画」「あの日、あの時」「仕事」に絞り込んだ内容にし、それ以外は独立したサイトやSNSに順次分離します。

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

能戸 淳

能戸 淳

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、ですがその匂いが全く感じられないといわれます。 2021年からブログ内容を雑記から「食事」「旅」「映像」「音楽」「資格取得」「生き方」に絞り込んだ内容にします。

最近の記事
  1. ネコの口元って・・・

  2. 悩ましい。MFTか、フルか。

  3. 2020年の年の瀬、高尾山に登る

Twitter でフォロー

Instagram

Count per Day

  • 120現在の記事:
  • 831273総閲覧数:
  • 9今日の閲覧数:
  • 243昨日の閲覧数:
  • 1534先週の閲覧数:
  • 3962月別閲覧数:
  • 499433総訪問者数:
  • 8今日の訪問者数:
  • 176昨日の訪問者数:
  • 1160先週の訪問者数:
  • 2748月別訪問者数:
  • 165一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年6月2日カウント開始日:

今後のイベント

今後のイベントはありません

TOP