読書とブックレビュー

ブックオフvsせどり屋、そして巻き込まれるパンピー

これ。
IMG_3946
最近、ブックオフの各店舗でこんな張り紙が店内にいたるところにある。
これは、要はせどり屋を排除するためだ。
確かに、彼らは俺のような読書好きにとっては迷惑この上ない。
セールの時には、彼らが大挙して押し寄せ、目当ての本が根こそぎ無いということも、しばしばだった。

このせどり屋というのは、
由来は不明だが、一発で普通の客と見分けがつく。
「本の中味を見てない」のだ。
なぜか奥付ばかり見ている。
要は出版日が新しいかそうでないかを見ているのだ。
また、言っちゃ悪いが、何というか直感的に、いかにも本を読みそうも無い風体をしているのだ。
で、ケータイで本の表4部分のバーコードを読み取って、買い物かごへ・・・
という行動を繰り返している。
で、その一杯になった買い物かごを通路に放置して、作業を続ける。
ハッキリ言ってかなり邪魔だ。
彼らはこうして、ブックオフで仕入れた本をアマゾンのマーケットプレイスやヤフオクで転売して儲けているらしい。
本当に儲かるのかよく分からないがね。
ネット上では、「せどりで人生を成功する仕方教えます」(?)といった、せどり屋の指南を得意げにするサイトが存在したりする。

そんな、せどり屋も今回のような措置でかなり激減するのではなかろうか。
普通の古書店で100円コーナーなんてあまり無いしね。

でも、俺のようなパンピーが困るんだよね。
だって、ブックオフの店内で携帯をいじるなと言われたら、
ブックオフの本の値段とアマゾンのマーケットプレイスの本の値段を比較出来ないじゃん!
やれやれ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!

能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト

関連記事

  1. 自己批判ともとれる石原氏の「潔い勇気」と「器の大きさ」:石原慎太…
  2. 早く読みたし
  3. 「革命のファンファーレ 現代のお金と広告 」(西野 亮廣 著)「…
  4. 本の整理で頭スッキリ&新鮮な発見
  5. 壮大で暑苦しいのはウケないのかね・・・
  6. 今年読んだ書籍トップ10!ベスト1は『流星ひとつ』
  7. 「俺か、俺以外か」(ROLAND著)【読書とブックレビュー】
  8. やっと読める!

時系列別記事リスト

投稿カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

能戸淳のぐるなび

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

能戸淳のブクログ


Amazon情報

Firefox for Fire TV

新品価格
¥0から
(2018/1/8 18:21時点)

能戸淳のTwitter

能戸淳の動画ブログ

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 326現在の記事:
  • 810964総閲覧数:
  • 212今日の閲覧数:
  • 185昨日の閲覧数:
  • 1820先週の閲覧数:
  • 6541月別閲覧数:
  • 154一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年6月2日カウント開始日:

最新記事

ZenBack

能戸淳のPinterst

PAGE TOP