ブックオフvsせどり屋、そして巻き込まれるパンピー

読書とブックレビュー

これ。
IMG_3946
最近、ブックオフの各店舗でこんな張り紙が店内にいたるところにある。
これは、要はせどり屋を排除するためだ。
確かに、彼らは俺のような読書好きにとっては迷惑この上ない。
セールの時には、彼らが大挙して押し寄せ、目当ての本が根こそぎ無いということも、しばしばだった。

このせどり屋というのは、
由来は不明だが、一発で普通の客と見分けがつく。
「本の中味を見てない」のだ。
なぜか奥付ばかり見ている。
要は出版日が新しいかそうでないかを見ているのだ。
また、言っちゃ悪いが、何というか直感的に、いかにも本を読みそうも無い風体をしているのだ。
で、ケータイで本の表4部分のバーコードを読み取って、買い物かごへ・・・
という行動を繰り返している。
で、その一杯になった買い物かごを通路に放置して、作業を続ける。
ハッキリ言ってかなり邪魔だ。
彼らはこうして、ブックオフで仕入れた本をアマゾンのマーケットプレイスやヤフオクで転売して儲けているらしい。
本当に儲かるのかよく分からないがね。
ネット上では、「せどりで人生を成功する仕方教えます」(?)といった、せどり屋の指南を得意げにするサイトが存在したりする。

そんな、せどり屋も今回のような措置でかなり激減するのではなかろうか。
普通の古書店で100円コーナーなんてあまり無いしね。

でも、俺のようなパンピーが困るんだよね。
だって、ブックオフの店内で携帯をいじるなと言われたら、
ブックオフの本の値段とアマゾンのマーケットプレイスの本の値段を比較出来ないじゃん!
やれやれ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!

能戸 淳

能戸 淳

北海道出身、金融界周辺に漂い二十数年、ですがその匂いが全く感じられないといわれます。 2021年からブログを雑記から「食事」「ガジェット」「お出かけと旅」「写真と動画」「あの日、あの時」「仕事」に絞り込んだ内容にし、それ以外は独立したサイトやSNSに順次分離します。

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

能戸 淳

能戸 淳

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、ですがその匂いが全く感じられないといわれます。 2021年からブログ内容を雑記から「食事」「旅」「映像」「音楽」「資格取得」「生き方」に絞り込んだ内容にします。

最近の記事
  1. 36.0℃ですw

  2. 本格禁煙、開幕w

  3. バナナ豆乳を飲む

Twitter でフォロー

Count per Day

  • 331現在の記事:
  • 856919総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:
  • 190昨日の閲覧数:
  • 1284先週の閲覧数:
  • 4797月別閲覧数:
  • 519016総訪問者数:
  • 18今日の訪問者数:
  • 134昨日の訪問者数:
  • 899先週の訪問者数:
  • 3666月別訪問者数:
  • 126一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年6月2日カウント開始日:

今後のイベント

今後のイベントはありません

TOP