読書とブックレビュー

「東大から刑務所へ」ホリエモンと大王製紙井川氏の掛け合いトークにズッコケw(★★★★★)【読書とブックレビュー】

僕が大好きなホリエモンの近著、今回はあの106億8千万円とカジノで溶かした(!)大王製紙の前会長の井川氏との対談だ。

この二人の共通点と言えば、東大出かつ刑務所出、そして上場企業の経営者だったという点だ。

本書では、お二人が逮捕された経緯から、裁判の過程、そして刑務所生活、さらにはシャバに出たあとの生活も言及している。

そんな、型破りなこのお二人。
世の中の大抵の人間はついていけないが、これまでたくさんの本を出しメディアの露出が半端ないホリエモンが言う話は、ある程度「想定できる」。
なので、本書で興味あったのが井川氏の方だ。
この方がどういう人間で、ホリエモンとどういう化学反応を示すのかが、僕も僕以外の人たちも、本書を手に取ったきっかけだろうと思う。

で、井川氏、その莫大の借金について・・・
「バカラをやり続ければ・・・(中略)・・負けを取り戻せる」(60ページ)
と思っていたというから、やはり世界が違うw

一方、お二人の化学反応を楽しみつつも、何だかんだと僕は今回もホリエモンの言葉を読みたくてこの本を取ったわけだけど、本書でも出てくるホリエモンの「死の恐怖」と忙しさの話(208ページ)はやっぱり共感する。

今回も爽快な読了感だったね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!

能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト

関連記事

  1. 「革命のファンファーレ 現代のお金と広告 」(西野 亮廣 著)「…
  2. ホリエモン本の言葉にテンション上がって
  3. この本読みたーい!
  4. 雷が頭に落ちたかと思うほど衝撃的な言葉が並ぶ、ホリエモン最高の本…
  5. 「柔」と「剛」、「静」と「動」。対象的な二人のダブルの攻めに胸が…
  6. リーダーシップね・・・
  7. 僕待望の書籍を手にして、震える手でページを開いて感じたことは・・…

時系列別記事リスト

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,593人の購読者に加わりましょう

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

Firefox for Fire TV

新品価格
¥0から
(2018/1/8 18:21時点)

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 68現在の記事:
  • 560859総閲覧数:
  • 34今日の閲覧数:
  • 261昨日の閲覧数:
  • 1722先週の閲覧数:
  • 4922月別閲覧数:
  • 153一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年6月2日カウント開始日:

最新記事

能戸淳のPinterst

PAGE TOP