読書とブックレビュー

「稼ぎ」には近道は無い(「ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね ~常識を疑えば未来が開ける~ 」を読んで)【読書とブックレビュー#48】


4月になって春めいているけど・・・

どうも能戸です。

4月になって春めいているのはいいけど、電車、超混み過ぎじゃない?
そんな感じで新卒の社会人や上京してきた若者の姿が街に目立つ時期だけど、不思議と2、3ヶ月経つとそんなに目立たなくなる。
どうしてだろうねー、って理由はわかるけどさ。

ということで、今回のブックレビューは、こちら。


大好きなホリエモンとひろゆきさんの作品ということで、かなーり楽しく読むことができた。
構成はホリエモンとひろゆきさんが「働き方・教育」「健康・食」「メディア・スポーツ」「IT]「事件・若者文化」「政治」「経済」の分野ごとに合わせて50もの視点で対談するというもの。

ということで、早速、いつものように気になった言葉を挙げて、僕なりにコメントしていくね。

プログラム的な考え方をすることで、これはいらないってわかることがけっこうあるんですよね。

これは24発目のITに関する論点で、
「アメリカ人は全員プログラミングを学んでほしい」というオバマ大統領が異例のメッセージをしたことに対するひろゆきさんの言葉。
・・・確かにね、人間がするにはさして意味がない仕事は、プログラミングして機械に任せるってのはとっても良いことだ。
でも、何でかんでもプログラムして自動化すればいいってもんじゃない。

時々出くわすんだけど、さして使わない作業について、何でもかんでも自動化しようとする人が結構いたりする。
そういう人は、プログラム化する意味をわかっていないんだよね。

その意味というのは、知的作業に没頭する時間を確保するために、単純反復作業をプログラムで省力化するということ。
なので「人間がする価値があまりない」「同じこと」を「反復する」作業だからこそ意味があるわけだ。

1ヶ月、半年、1年に1回の作業を自動化しても、その自動化するための作業の方に時間を費やすことになり、意味がなくなるわけだ。
もちろん、ホリエモンとひろゆきさんはそんなことを考えているはずないけど、結構こういうことをしようとする人と出くわすんだよね。

ということで、次!

でも、彼らのやっていることは地道な作業の積み重ねだったり、力業だったりするわけ。これをカッコ悪いと思わずに「それでいいんだ」って割り切って突き進むことが大事なんだと思う。

これは32発目のやはりITに関する論点で、この言葉の前には、
「日本人はイノベーションを起こせない」みたいなことを言うでしょ。」
という言葉があり、この言葉の後には、
「イノベーターって一步踏み出すのが得意なわけで、発明するのはそれほど得意じゃなかったりするからね」
というホリエモンの言葉が続くのだ。

僕はこの言葉にえらく感銘を受けた。
というか、何だか昨今、老いも若きも仕事について話すと、「地道な作業の積み重ね」を軽視する人が多く思えるんだよね。
つまり、僕的には、「効率」という便利な言葉を借りた「ハンコ屋」が多くなっているなって。
この言葉は、つまり、イノベーションや独自性を追求することを放棄して、模倣に勤しむということ。

先日友人と「楽しく稼げる仕事って何だろうね??」って飲みながら話していたら、彼がこんな言い回しをしていたので気に入ったのだ。

模倣、つまり「真似る」というのは「学ぶ」の語源と言われるぐらいで(確か・・・ねw)、結構なこと。
でもね、その程度によるけど、やっぱり模倣というのは、カンタンなだけあって、あんまり稼げないんだよね。

意外にホリエモン信者系の人がこういう「間違った効率化」、つまり「楽して稼ぐ」を追求してたりする。
ホリエモンは終始一貫、「楽して」稼ぐなんて言ってないのにね。

色んな人と話してて稼いでいる人って、その「ハンコ」を作って「誰にでもそれを出来るようにする人」、つまり「仕組みを作る人」だったりするわけだ。
上に挙げたプログラミングを作る人もそうだよね。

イノベーションや独自性を追求って面倒だけど、やっぱり「稼ぎ」には近道は無いね。

あと、この言葉の中では「突き進む」という言い回しも好き。
やっぱ、せっかく生きているんだから躊躇なくやりたいことをやりたいよね。

その他にも、とっ始めの「満員電車に揺られて通勤!それだけでもブラック労働だよね」やら素晴らしい論点が満載!
最後の「あとがきにかえて」では驚愕の事実が!・・・それは読んでからのお楽しみ。
さすが、ホリエモンとひろゆきさんだね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!


能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

関連記事

  1. 「『裏モノJAPAN』編集部セントウの「クレイジーナンパ大作戦2…
  2. 本棚崩壊w
  3. 「ウィークタイ(自分をよく知らない人)」の効用はヤバイし言ってる…
  4. 今年読んだ本ベスト5(暫定版)
  5. 「柔」と「剛」、「静」と「動」。対象的な二人のダブルの攻めに胸が…
  6. やっと読める!
  7. 磊落人生
  8. あらためてスゴイよ、日本のマンガーーー「オンナミチ」と「いぬやし…

時系列別記事リスト

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,596人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 407596総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:
  • 3226先週の閲覧数:
  • 7702月別閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数:

最新記事

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

PAGE TOP