小説

小説「向こう側へ渡る、その境」第12回

第12回 2015年12月29日(月) 20時00分

ここまでの登場人物
西田 勝頼(にしだ かつより):
主人公。東証第二部上場工作機械メーカー「コバヤカワ」の法人営業第三部平社員。
30歳、城南大文学部卒。
田中 信繁(たなか のぶしげ):
コバヤカワのかなり「デキる」同期。法人営業第一部係長。30歳、早大商学部卒
小早川 麗子(こばやかわ れいこ):
コバヤカワの個人営業部課長。男女雇用機会均等法一期生で実質的創業者小早川春吉の孫。
四菱銀行の勤務時に春吉翁から将来の役員含みで呼び寄せられる。34歳、一橋大経済学部卒。
レイコ課長の昔のオトコ:
今生きていたら30歳、それ以外は不明。
能戸 淳(のと じゅん):
渋谷のバーで知り合ったベンチャー企業勤務のサラリーマン。
北海道出身、25歳、慶大商学部卒。

ここまでのあらすじ
1998年、東京。
東証第二部上場工作機械メーカー「コバヤカワ」の営業マン西田(30)は、毎日ヒマさえあればツーショットダイヤルで女をナンパして過ごす、うだつの上がらない毎日を送っている。
4月になり隣の部の腕利き美人キャリアウーマンのレイコ課長(34)と説教混じりの飲みの夜、泥酔した駆け出しサラリーマンの能戸(25)と出会う。
翌週5月4日(会社は休日なのに若手は電話番で出勤!)、夜に能戸と飲む予定のその日、ヒマなオフィスで音楽を聴きながらゲスな妄想をしているとレイコ課長が「三人で飲もう」と言い出し・・・。

六本木のオーセンティックな会員制バー。
ここはあるテレビドラマでも使われた、中々の雰囲気を持つ店だ。
西田さんと会うのは10年ぶりで、指定された場所がここだった。

「2005年の夏以来だから、能戸と会うのは10年ぶりか。LINEじゃ、つい最近転職したって書いてたけど、実際どうなのよ、今」。

そう、僕はつい最近転職したのだ。
直近まで勤めていた会社が合併し、孤立無援のなか文化の違いと新しい上司・同僚との関係に僕はウンザリして毎日を送っていた。
やがて、たまたまエージェント経由で申し込んだ同業の会社から急に内定が出て、すったもんだの挙句入社したのだった。
僕はそれまで職を重ねていたけれど、それまでは「これをやりたい!」という明確な意図があっての転職だった。けれど今回は初めて「この状況から逃れたい!」という転職をだったのだ。

「何だか微妙な表情だな。ま、話は一杯飲んでからにしよう。酒はあれだよな、あれ」。

「え・・・、マジすか。こんなバーで、あれ、ですか」。



「ああ、特別に一杯目だけ出してもらうことにした」。

高級なバーに、格安ウイスキーの代名詞、というか今ではその格安というアイデンティティをトリスに奪われ、存在感すら無いサントリーレッドだ。
そう、こういう突拍子もない行動をするところは10年経っても変わらない。

「俺たちは、やっぱり、これだろう。俺たちのような『安い』人間は」。

悪いジョークだ。
僕とこの人では、もはや立場が違いすぎる。

「西田さん、当てつけですか。まだ、あのことが引っかかっているんですか」。

「いや、そんなことはもうどうでもいい。能戸とレイコさんと三人で最初に飲んだ、あの18年前の明大前での飲みが懐かしくて呼び出しただけだ」。

僕はソーダ割りで、西田さんはロックで。
う・・・。
一口、ゴクリと飲むとソーダ割りでも何だか悪酔いしそうだ。
でも、昔は喉を鳴らして飲んでいたはずだけど。

「能戸、仕事、おもしろいか」。

何だかメンドクサイので、僕は敢えて沈黙を選んだ。
まだ転職したばっかりだし、文化も違うし、そんなの自分でも分からない。
いや、西田さんは悪気があって言っているわけじゃないんだろう。
自分を自分で労働力として売り物にする「転職」という行動を西田さんは新卒以来したことがないので、感覚的にわからないはずだ。
どうも、僕はここ数ヶ月で以前にも増して人を疑う性格になったようだ・・・そんな素振りは一切人には見せないけど。

「・・・ま、色々あるんだろうな。言いたくないなら仕事の話はやめよう。実は18年前の明大前での飲みでお前が言っていた話、もう一度聞きたくてな」。

ああ、あんな話か。
レイコさんが僕のアパートに来るのが遅れ、僕らはお互いの人生やら世間話やらを2時間ぐらいもしたんだっけ。
その中で西田さんがえらく気に入っていた話があったんだよな・・・。

(第13回に続く)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!

能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト

関連記事

  1. 小説「向こう側へ渡る、その境」第3回
  2. 小説「向こう側へ渡る、その境」第9回
  3. 小説「向こう側へ渡る、その境」第5回
  4. 小説「向こう側へ渡る、その境」第8回
  5. 小説「向こう側へ渡る、その境」第1回
  6. 小説「向こう側へ渡る、その境」第10回
  7. 小説「向こう側へ渡る、その境」第7回
  8. 小説「向こう側へ渡る、その境」第2回

時系列別記事リスト

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,593人の購読者に加わりましょう

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2019年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

Firefox for Fire TV

新品価格
¥0から
(2018/1/8 18:21時点)

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 59現在の記事:
  • 544861総閲覧数:
  • 183今日の閲覧数:
  • 246昨日の閲覧数:
  • 1929先週の閲覧数:
  • 4473月別閲覧数:
  • 170一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2013年6月2日カウント開始日:

最新記事

能戸淳のPinterst

PAGE TOP