【「働き方」を考える】

AmazonのPrime Now(プライム ナウ)に驚愕!と同時に心配に。過労の根本、本質は「お客さま本位」にカギが、か?【「働き方」を考える#2】

いやー、驚いたね。
それはこれ。

AmazonのPrime Now(プライム ナウ)だ。

このサービス、プライム会員向けの専用スマホアプリから注文したら、何と1時間で品物が届くというもの。
この1時間というのは有料なんだけど、2時間以内だったら無料だ。

このサービスはある特定のエリア限定のサービスなんだけど、今回僕が住んでいる地域が新たにサービスエリアになり、初回2,000円分がオフということだったので使ってみた。
すると・・・マジで2時間で届いたよ。

ほら、

img_0219

ほら、ほら。

img_0220

でもね、何だか心配なるんだよね。

僕の心配ごと

僕の心配ごとというのは、「お客さまの欲求というのはどこまで行けば満足するのだろうか」、ということだ。

結局ね、こういうとんでもないサービスというのは、お客さまにとってはありがたいわけよ。
だって、品物の種類は限定されているにしても、スマホをポチっとやれば品物が2時間で届くわけで、僕もこれは「超便利!」と思ったわけ。

でもさ、考えてみなよ、その裏には何があるかって。

ま、全くの想像だけどさ、

1.お客が注文がくる。
2.誰かが倉庫で猛スピードで品物をピックアップする。
3..誰かが検品する。
4.誰かがデカいトラックに積み込む。
5.誰かが小口配達のセンターに届ける。
6.誰かが小口のバンに仕分けする。
7.誰かがそのバンに乗って家に届ける。

この流れを、2時間以内、お金を余分に払えば、1時間でやるわけだぜ。

この工程のどこかはロボットでやっているはずだろう・・・いや、そうじゃなきゃダメだって!!

もう、もう、全力投球の働きでいかなきゃ回らないって。
すると、その働いている人は・・・ぶっ倒れるぐらい働くわけだ。

僕も過労で意識が朦朧になり病院送りになったことがある。

きっとね、今は2時間は無料、1時間は有料だけど、1時間も無料でという声は大きくなるはずだ。
ホント、「お客さまの欲求というのはどこまで行けば満足するのだろうか」。

それに応えるためには・・・それに従事する人は限界まで働かなきゃいけないわけだ。

過労の根本、本質は、「お客さま本位」をどこまで追求するか、か?

働く多くの人が心を痛めた、電通社員の過労による自殺。

働き方改革が進展するかも、という矢先の痛ましい事件。
その事件を受けて、悲しくも裏腹に残業ゼロに向けた方策など一層の改革の進展が期待されるが、事態は単純ではなく背景には様々な要因が複雑に絡んでいると思われる。
その一つの要因ともいえることに関連して、僕は最近こういう記事を読んだ。
そして、ハッと思った。

この記事では、
「サービスを受ける「お客」側も、労働環境の悪化に一役買ってしまっている」
のだという。

かつては商店街でしか食材が手に入らず、夜は店が閉まっていたが、その不便こそが「普通」だった。「労働環境の改善により不便になる」という指摘も一理あるが、この感覚こそ、客が当然だと思って要求する過剰サービスの厄介さだ。それが過剰なサービスであっても、もう「当然」になっているため、当たり前のように要求する。店が閉まっていれば「不便だ」と言うくせに、店が開いていることに感謝しない。いくら企業が労働環境を改善しようとしても、過剰なサービスを求める客がいれば、労働者は仕事を終わらせることができない。ブラック企業をなくすためには、そういった悪意のない「ブラック客」の意識改革が必要だ。

情報源: 日本の過剰労働は、「お客様」の暴走が原因だ (東洋経済オンライン) – Yahoo!ニュース

これを、今回僕が試したAmazonのPrime Now(プライム ナウ)に置き換えると、
「アマゾンができるのに何でオタクは出来ないの?・・・じゃあ、値引きしろ!」
というお客さまが出てきたり、
「アマゾンができるのに何でオタクは出来ないの?・・・もっと早く届けないとお前のところとは取引切るぞ!」
というお客さまが出て来るわけだ。

そして、その挙句、そこで働く社員はブラック労働にハマり、その会社もブラック企業になるという・・・。

ホント、思ったよ。
過労の根本、本質は、「お客さま本位」をどこまで追求するか、なのかって。
でもね、そうやってお客さまの声に応え続けないと、オマンマの食い上げになっちゃうんだよね。

この問題、本当に、深い。
僕はこの問題について、引き続き考えていきたい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!

能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト

関連記事

  1. 1日5時間、年間1,200時間!余りの時間の浪費にゲロが出そうw…
  2. CocoDeskで駅ナカをオフィスにする時代、でも・・・【「働き…

時系列別記事リスト

投稿カレンダー

2020年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

能戸淳のぐるなび

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

能戸淳のブクログ


Amazon情報

Firefox for Fire TV

新品価格
¥0から
(2018/1/8 18:21時点)

能戸淳のTwitter

能戸淳の動画ブログ

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 82現在の記事:
  • 758939総閲覧数:
  • 495今日の閲覧数:
  • 523昨日の閲覧数:
  • 4017先週の閲覧数:
  • 3548月別閲覧数:
  • 304一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年6月2日カウント開始日:

最新記事

ZenBack

能戸淳のPinterst

PAGE TOP