【名言発見】

「時間をかけたことは、無駄にならない」【名言発見#15】


僕は5月あたりから、プログラミングにハマっている。

最初はとっつきにくいなーと思った。
だけど、書いたことの通り動き、書いたことが間違っていれば動かないという、単純明快さが面白くて、
iPhoneアプリの言語であるSwift、Webの世界のPHPJavascriptという3つの言語をコアに、セミナーを受講したり、自分で試行錯誤して開発したりしている。

今日もJavascriptのセミナーを受講した。
6時間半程度の長丁場だったけど、超基礎的な内容を自分のカラダに定着させるのにはとっても役立った。
あと、プログラムの言語って基本はだいたい共通なので多言語を使いこなす人って割と多いみたい。

で、IT関連スキルに関する僕の展望。
まずWEB。
CMSはWordpress、デザインはHTML、CSS、Photoshopを駆使し、動画をPremiereProとAfterEffectsで作り、JavascriptとPHPでインタラクティブに仕上げることができること。
これ、8つの仕組み・言語・デザイン能力が求められるけど、それぞれ、そこそこイジくることができるようになってきた感じ。
でも僕が望む能力にはまだ遠い。
一方で、iPhoneアプリ。
こっちの方はまだまだ端緒だ。
でも、Xcordを使ってSwiftを駆使してアプリを作るのは楽しい。

img_3321

さて、ブログをサボっていた分、超前置きが長いけど、今回の「名言発見」はそんなプログラミングのセミナーに行った時の言葉ね。
今回はこれまで書いていなかった分、エントリ全体も長いからねw

ゲゲ、全然進まねー!

先日まで僕はiPhoneアプリを制作するべく、数回に渡るセミナーに通っていたわけ。
Xcordは何とかイジクルことは出来てきたけど、肝心のSwiftにイマイチなれない。
で、ある日家で修了課題ともいえるアプリを作っていたんけど、たったひとつのエラーで4時間も時間を費やしてしまったのだ。

本で調べても、WEBで調べても全然ダメ。
全然、進まないのだ。

セミナーで質問したら、4時間の悩みが5分で解決。
時間のムダ?

で、セミナーに行って講師に質問したら・・・4時間の悩みが5分で解決したのだ。
「ガーン、4時間も時間のムダだ!」
という言葉を発したら・・・
「それ、ムダじゃないです」。
と講師。
別の講師もそう言うのだ。
「時間をかけたことはムダじゃないです。そうやって悩んで解決方法を探りまくることで、実力がついてくるんです」と。

そうだ、そうだよ。
僕はこの数年でそんな当たり前のことを忘れていたのだ。

なぜ、「ムダなこと」に時間をかける必要があるのか

確かに仕事は早く解決したり、早く出来ればいいに決まっている
そして、仕事には「早く解決したり、早くできるもの」「そうじゃないもの」の二通りある。

その意味で、「そうじゃないもの」の方に取り組む際には、早く解決したり早く出来ない。
「そうじゃないもの」というのは、まっさら何かを創造する類のものだ。
結局、うまくいかないのはそのためのスキルの無さからくる。
そのスキルを養うために試行錯誤する。
試行錯誤することで得た一見ムダな情報や考え方によって、筋肉がつく感じだろうか。

一方で、試行錯誤せずに直接「人に聞けばいいだろう」という意見も多い。
これは多くの場合、正しい。
でもね、「自分で調べる前に人に聞くこと」が常態化すると、定型的なことはできるようになるけど、イチからまっさらなものを作ることができなくなるんだよね。
要は問題の解決策を導き出したり、創造したりする脳の使い方ができなくなるということだ。

まだ暑いけど、秋になるね。 そして、冬ももうすぐ来るだろう。 冬好きの僕は待ち遠しい。

まだ暑いけど、秋になるね。
そして、冬ももうすぐ来るだろう。
冬好きの僕は待ち遠しい。

5,6年前だろうか、その一連の著書が出す度に大ベストセラーになった著名な方が
「会社から定時に帰ることが出来ないのは無能だからです」
的なことを言っていた。

でもね、その方もそうだし、その後に出てきた似たような連中もそうだけど、
彼らが指す「会社の仕事」って、定型的な業務を指しているわけだ。
言い方は悪いけど、定型的な業務は手数を早くするか分散化することでスピードが早くなるに過ぎない。

でも、僕は定型的な業務を悪く言う意図はない。
定型的な業務は大切な「会社の稼ぎ頭」だからだ。
重要かつ安定した「会社の稼ぎ頭」だからこそ、利益を追求するべく洗練され、ある種の「ムダ」を省くことができ利益につながる。
一方で、人によってはそれが出来ない人間がいる。
それは、僕みたいな人間だ。

去年の冬、深夜2時の新宿歌舞伎町のバッティングセンター。 この時の友人は今は東京にいない。 寂しいねぇ。

去年の冬、深夜2時の新宿歌舞伎町のバッティングセンター。
この時一緒の友人は今は東京にいない。
寂しいねぇ。

ということで、僕はこのセミナーを受講することによって、Swiftの基礎を学ぶことができると同時に、図らずも仕事の考え方についてまた一段と頭を整理することが出来た。
そして、僕はアプリをつくることが出来た。
もうちょっと洗練したインターフェースにして、Appストアにアップします。
アップルの審査が通ったらこのブログで告知するね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!


能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

関連記事

  1. 「忙しいというのは、恐ろしい。」与沢翼氏の、その発想がこそが素晴…
  2. 自分が感じる「正しさ」は、他人にとっての「正しさ」とは限らない【…
  3. 「パフォーマンスは絶対打てるピッチャーが登板する日じゃないとやら…
  4. 2015年度末!ホリエモン「[超成長]日めくりカレンダー」の言葉…
  5. 会社員の給料の半分は仕事に対する報酬。もう半分は社内や取引先で受…
  6. 「人は生きてきた時間が長ければ長いほど複雑になる。だから人の心は…
  7. 「初心忘るべからず」【名言発見#19】
  8. 「ワイもオマエも組織の人間なんや。上が行け言うたら行く。行くなと…

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,600人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 358677総閲覧数:
  • 401今日の閲覧数:
  • 3463先週の閲覧数:
  • 7501月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

最新記事

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

PAGE TOP