読書とブックレビュー

雷が頭に落ちたかと思うほど衝撃的な言葉が並ぶ、ホリエモン最高の本 ー 堀江貴文 著「 99%の会社はいらない」 を読んで ー 【読書とブックレビュー#41】

うん、僕はこの人を先日嫌いになったはずなんだよね。
先日、ツイートされたある発言をキッカケに。

でも・・・。
仕事観、人生観が、マジで僕と同じ考えなのでやっぱりこの人の本をチェックしないわけにはいかない。

嫌いになる前にこの本を買っていたのだ。

僕はこの本を読了する前、前半の10ページばかし読んだ後に、ゴミ箱の横に置いていたぐらい、彼を忌み嫌っていた。
でもある日、寝付けなかった時に手にとったら、止まらないんだよね、これが・・・。

刺激的なタイトル、それは「会社に頼らずとも生きていける」という彼のメッセージか

まずは刺激的なタイトルだ。
働く人の多くは会社勤め。
その多くの会社を否定するタイトルだから穏やかではない。

でもね、これは毎度のことだけど、ストレートに受け取ってはいけない。
彼特有の筋道に沿った上でこのようなタイトルを本につけている。
つまり、多くの会社を否定するのではなく、多くの人は「会社に頼らずとも生きていける」という彼のメッセージなのだ(少なくとも僕はそう受け取った)。

相変わらず、人騒がせだw

先日登った東京タワーからの風景。 僕は二十数年ぶりにここ行ったんだけど、やっぱりいいね、ここ。 僕にとって日比谷公園、慶應義塾大学三田校舎と並ぶ、東京を象徴するスポットだ。

先日登った東京タワーからの風景。
僕は二十数年ぶりにここ行ったんだけど、やっぱりいいね、ここ。
僕にとって日比谷公園、慶應義塾大学三田校舎と並ぶ、東京を象徴するスポットだ。

畳み掛ける、衝撃度120%のストレートな言葉の爆弾

さて、今回、彼は「遊びを仕事に」と提唱している。
つまり「自分が面白いと思うことに挑戦する」ことだけど、彼は「本当に好きなことであれば時間を捻出しようとするはずだし、好きなことのためならば何が何でも動く」としている。
これは古今東西の自己啓発本でよく言われていることだけど、定期的に誰かに言われなければ、周りの雰囲気に流されて忘れてしまうよね。
まさに彼はその言葉を体現してような人なので説得力が段違いだ。

さらに世の中のみんなが陥りがちな「失敗でめげること」にもエールを送っている。
「自分がやっていることが得意か、不得意か。それを判断する基準なんて存在しない」と。
そうなんだよね。
世の中の「お節介なクズども」は、ちょっと人が停滞気味だと「それ向いてないんじゃない?」とチャチャを入れてくる。

ホント、こういう連中って、昔からどこにでもいる連中で超ウザいわけだけど、誰得でこんなこと言ってんのかねwww

僕のような達観した人間だと、「やれやれ・・・人のことなどどうでもいいだろ、このクズが!」と内心思いつつ、淡々と仕事をコンプリートするんだけど、結構多くの方々がそんな言葉にメゲてしまうのではないだろうか(少なくとも20年前の僕はそうだった)。
そんな姿勢を彼は「『頑張っても、後で無駄になるのが嫌だ』というわがままに過ぎない」と断罪する。
さらに「毎日続けること、真似をすること」という追い風も送るのだ。

何か最近、渋谷のモヤイ像って隅に追いやられている感じしない?

何か最近、渋谷のモヤイ像って隅に追いやられている感じしない?

さらにさらに、今回も面白い考え方というか、これまた僕と同じ考え方。
「僕はかなり飽きっぽい正確だ。〜中略〜、しかし、飽きるのは決して悪いことではない。飽きてしまうということは、その物事にハマった結果だ」という。
これね、僕は同じようなことを色んな人に言ってきてんだけど、イマイチ僕に説得力がなかったんだよね。
彼が言うとまさに膝を打つ人が多いだろうね。

「本当のコミュニケーションスキルとは人が話しかけるたくなるようなスキルのことだ」。
雷が頭に落ちたかと思ったわ

で、本書の最後の最後、197ページにもいい言葉が。
それは、
「人は『スキル』に惹きつけられる」
という言葉。
これは、まさにそのとおり!
「世の中にはアイデアはあるけど、システムを作れないという人は多い」との言葉通り、漠然と物事を考えて実現できない人が本当に多い。
だから、かけている部分を他人に協力してもらってつくり上げる。
それにはコミュニケーション力が必要になるけど、
「本当のコミュニケーションスキルとは自分から話しかけられるようにしゃべりがうまくなるのではなく、人が話しかけるたくなるようなスキルのことだ」
という。

そういう、「人が話しかけるたくなるようなスキル」を持つことがコミュニケーションスキルの本質だという。
・・・この言葉には雷が頭に落ちたかと思うほど、衝撃的だった。

ということで、僕にとってかなりの衝撃的な言葉が並び、彼の真髄、そしてスゴさを改めて垣間見た読み応え抜群の本だった。
冒頭に書いたとおり、ホリエモンは嫌いなったはずだけど、この通り、やっぱり嫌いになれないな・・・。

IMG_0631

さて、明日は水曜日。
週半ばだね。
ダレがちな曜日だけど、気持ちを切り替えて仕事しよう!
ウンザリしたら飲みにでも行けばいいしさ。
ということで、ではではー!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!

能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト

関連記事

  1. マジかよ。【読書とブックレビュー】
  2. 壮大で暑苦しいのはウケないのかね・・・
  3. 素直さが成功のポイント・・・ってか僕はまだ成功してないけど〜原田…
  4. 「どこでも誰とでも働ける」( 尾原 和啓 著)これからの、組織で…
  5. 愛しき本達よ!
  6. さあ、読むぞ!
  7. 「職なし」「金なし」「女なし」な主人公による名言の宝庫!(「独身…
  8. 人に期待しない。でも、期待される人になろう。 ー ジョージ秋山著…

時系列別記事リスト

投稿カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

能戸淳のPHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

Amazon情報

Firefox for Fire TV

新品価格
¥0から
(2018/1/8 18:21時点)

能戸淳のブクログ


能戸淳のインスタ

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 122現在の記事:
  • 611028総閲覧数:
  • 300今日の閲覧数:
  • 912昨日の閲覧数:
  • 4211先週の閲覧数:
  • 10315月別閲覧数:
  • 301一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2013年6月2日カウント開始日:

最新記事

能戸淳のPinterst

PAGE TOP