「限られた時間を正体不明な人になんか使えないよ!」【名言発見#12】

【名言発見】

誠心誠意のお願いであったならば、その誠心誠意の態度を見せることで、どんなことであってもお願いが通る。

これは、ある意味正しいと思う。
誠心誠意の態度を見せる人はこの世の中には極めて少ない。

関係ないけど、先日食べた、このカラベルさんのオレンジ味のピールチーズケーキは美味し!だったなー。

関係ないけど、先日食べた、このカラベルさんのオレンジ味のピールチーズケーキは美味し!だったなー。

老いも若きも、多かれ少なかれ、誰もが「上手くやって楽をして上手に生きていきたい」というインチキ臭い面があるものだ。
僕自身も時折そういうところがあったりする。

昔、「誠意大将軍」という妙なことを言っていた某芸能人も居たわけでwww

だからこそ、マジで誠心誠意の態度を見せる人は引き立つわけで、お願いをされた相手は無理なお願いであっても折れたりするものだ。

でも、あくまでそれは一般論。全く通用しない人もいる。

「限られた時間を正体不明な人になんか使えないよ!」

とある15歳年上の友人がいる。
つまり年齢にして60歳近くだ。
4月後半、その彼と飲んでいるうちに、ハナシの方向がきな臭くなった。

「ある程度の人」である彼の元には、色んな人が「ある種のお願い」をしに来るという。
まずお願いが通らなさそうでも、とりあえず時間をつくって欲しいという人も。
でも、その殆どを彼は断るというのだ。

パン大好き人間の僕。 江古田のお店で買ったこのメロンパンがヤバイくらい美味し!だ。

パン大好き人間の僕。
江古田のお店で買ったこのメロンパンがヤバイくらい美味し!だ。

その理由を聞こうと、
「いいじゃん、気持ちを広くもって会ってやれば」
なんて言う僕に、彼は、
「限られた時間を正体不明な人になんか使えないよ!」
と半ば恫喝するのだった。

「限られた時間を「誰に」「何に」割り当てるかで、これからでも人生は大きく変わる」

マジでそんな勢いで怒らなくても・・・と思ったのだが、それは人生をより良く生きる上で根幹とも言えることだから、「ふざけんな!」と怒りが爆発したのだと言う。

「能戸は43歳。オレは58歳。
この差の15年あれば何でも出来るのだ。
そして実際何でもやってきたからこそ、ここまでになった(普段は超謙虚)。

ただ、オマエは「30代はあっという間」と言っていたが(てなことを僕は話していた)、「あっという間じゃダメなんだよ」。そんなこと言うってことは過ごし方に贅肉があったんじゃないか?真剣に生きてきたのか?って思う。

そのまま過ごしていたら、オマエが十代の頃から忌み嫌っている連中になるのがオチだ

と、こんな感じで言葉を畳み掛けた。
さらに、
「でも、これからのオマエの限られた時間を「誰に」「何に」割り当てるかで、これからでも人生は大きく変わる」
とも。

「オマエが老後に悠々自適に暮らすために、これから軟着陸していきたいっていうそこらのボケならこんなこと言わん。
でもオマエはそうじゃないだろ!!」

老後に悠々自適に暮らすことを僕は否定しません。
生き方は人それぞれ。むしろ、僕はそれにとっても憧れるけど・・・。

いいトシして怒られるという気恥ずかしさが半分、何だか認められたような嬉しい気持ちが半分で、僕の目は真っ赤になった。

先日、久々に飲みで午前さま。 損得勘定ヌキの人には、やっぱり時間もタップリ使いたいものだよね。 それ以外の「どうでもいい人」には時間を使っちゃいけないわけだ。

先日、久々に飲みで午前さま。
損得勘定ヌキの人には、やっぱり時間もタップリ使いたいものだよね。
それ以外の「どうでもいい人」には時間を使っちゃいけないわけだ。

「限られた時間を正体不明な人になんか使えないよ!」
これは僕の人生にとっては、ある意味頷くことはできるけど、全面的にはそうとも言えないところがある。
でも、彼のような人は、正体不明なその人を理解するための時間が惜しいわけで、1秒でもムダにしたくないのだろう。
そして、彼の言葉というのは、こういう、
「限られた時間を「誰に」「何に」割り当てるか、人生は大きく変わる」。
という考えが根っこにあるからこそだろう。
これは本当にアラフォー後半(43歳)の僕にとっては意識すべきことだ。

そんな言葉で、テンションがとっても上がった僕は、それから抑えていた色んな行動を起こし始めた。

能戸 淳

能戸 淳

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、ですがその匂いが全く感じられないといわれます。 2021年からブログを雑記から「食事」「ガジェット」「お出かけと旅」「写真と動画」「あの日、あの時」「仕事」に絞り込んだ内容にし、それ以外は独立したサイトやSNSに順次分離します。

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

能戸 淳

能戸 淳

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、ですがその匂いが全く感じられないといわれます。 2021年からブログ内容を雑記から「食事」「旅」「映像」「音楽」「資格取得」「生き方」に絞り込んだ内容にします。

最近の記事
  1. JUNZAP、そこそこ堅調ですw

  2. 最大濃度!

  3. ネコの口元って・・・

Twitter でフォロー

Instagram

Count per Day

  • 373現在の記事:
  • 833007総閲覧数:
  • 68今日の閲覧数:
  • 230昨日の閲覧数:
  • 1743先週の閲覧数:
  • 5696月別閲覧数:
  • 500623総訪問者数:
  • 50今日の訪問者数:
  • 137昨日の訪問者数:
  • 1198先週の訪問者数:
  • 3938月別訪問者数:
  • 164一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年6月2日カウント開始日:

今後のイベント

今後のイベントはありません

TOP