【kobo gloレビュー】

「Kobo glo」に格安ケースを装着!使い勝手が100倍増した!【Kobo gloレビュー#2】

ということで、久しぶりの電子書籍端末「Kobo glo」のレビュー。

今や僕は同じ電子書籍デバイスである、KindlePaperWhite(2012)と一緒に、どこに行くにも持ち歩いている。

そんなKobo gloだけど、今回はケースを買ったのでちょいと使用感をレビューするね。

肝心の製品自体のレビューは尻切れトンボだったねw
またそれは改めてやるよ。
だって、ガンガン使っているし。

やっぱりKobo gloにはケースは必要

今回買ったケースはこれ。
今回もAmazonで買った。

電子書籍デバイスにケースをつけるかつけないかは意見が別れると思う。
代表的なのは、
「軽いことが電子書籍デバイスの強みなのにケースをつけると重くなる」
といったものだ。

でもね、ケースは必要だと思う。

まず、
デバイスの扱いを過度に気を使わなくて済む
ことだ。
僕の場合、文庫感覚で新書をカバンに放り込むのでケースがないと画面が破損する恐れがある。

そして、僕にとってもっと重要だけど、
ケースを閉じると休眠状態になり、ケースを開くと立ち上がる
ことだ。
これでバッテリーの消費量も抑えられるし、そもそもKoboは放っておくとスリープ状態にはなるけど立ち上げるとき側面のスイッチをいちいち押さなくちゃならないので面倒なんだよね。

格安なのにちゃんと僕の要求する性能は満たしているぞ!

ということで、写真を紹介するね。
まずAmazonの箱から出したところ。

IMG_7315

包まれていた紙を取ると、

IMG_7316

こんな感じ。
格安な値段(購入時1080円)にしては中々高級感がある。
開いてみると、

IMG_7317

こう。
Kobo gloを入れたみた。

IMG_7320

ジャストフィット。

実際に使ってみて、上に書いた、

  • デバイスの扱いを過度に気を使わなくて済む
  • ケースを閉じると休眠状態になり、ケースを開くと立ち上がる

という要件は十分満たしていて、使い勝手が100倍増した!

ちなみに写っているのは、「島耕作」ね。Koboのストアから無料ゲット!
今度は僕が使っている他のデバイスと厚みを比べてみた。

IMG_7294

それぞれケースをつけた状態で、
上がiPhone6Plus、
真ん中がKobo glo、
下がKindlePaperWhite。
Kobo gloはちょいと厚いけど、KindlePaperWhiteよりは長さがコンパクトだね。

手前がKobo、奥がKindle。 Kindleのケースの方が見た目も手触りも高級感があるね。

手前がKobo、奥がKindle。
Kindleのケースの方が見た目も手触りも高級感があるね。

ということで、KindlePaperWhiteとともに僕の中で大活躍の電子書籍リーダー、Kobo glo。
次回のこのシリーズではちゃんと使用感をレビューするね!

能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

関連記事

  1. マジか!ダメ元で2,980円で買った楽天kobo gloが意外に…
  2. kobo gloのたった2GBしかない内蔵メモリを32GBに換装…

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 337078総閲覧数:
  • 388今日の閲覧数:
  • 3568先週の閲覧数:
  • 9332月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

最新記事

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

PAGE TOP