ニュース・時事問題

教師は聖職者じゃない。中村雅俊とか金八はいない。基本自分の身(子)は自分で守るべし【ニュース・時事問題】

この事件。

広島県府中町の町立府中緑ケ丘中の男子生徒が自殺した問題で、同校の調査報告書の要旨 – Yahoo!ニュース(朝日新聞デジタル)

情報源: 「先生、どうせ聞いてくれない」 広島の中3自殺報告書 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

もう様々な報道がされているわけだけど、やっぱり改めて、
教師は聖職者ではなく、単なる労働者だなと思うわけ。

っていうか、誰が教師を「聖職者」と言い始めたか知らないけどさ。

そもそも僕は、小・中・高・大×2・院と、尊敬する教師という人には、ただの一人も出会ったことが無い。

逆に「こいつ居なくなってくれないかな?」と思う比率の方が断然高かった。

「涙は心の汗だ!」中村雅俊とか金八とか、どこにいたんだよ?!

「われら青春!」 「青春ド真中!」「ゆうひが丘の総理大臣」、これって中村雅俊さんが主演で教師役だったドラマね。


この「われら青春!」の主題歌、「帰らざる日のために」(いずみたくシンガーズ)って本当にいい歌だよね。
「涙は心の汗だ!たっぷり流してみようよ」という超名フレーズも飛び出す名曲だ。

やっぱり、中村雅俊さんの涙を流す熱血教師とこの強力なテーマ曲が教師というのを聖職者化したんじゃないかなって。
もちろん、「飛び出せ!青春」の村野武範さんも教師の「熱血像」づくりに貢献したと思うけど、中村雅俊さんのカッコよさは断然だったと思う。

何でリアルタイムの放送時には小学生でも無かった僕が知っているかというと、夕方に再放送をやっていたてそれをよく観ていたからなんだよね。

こんなウンザリするような事件が起きる世界だけど、希望を持って生きていきたい。 このウチの猫の表情のように。

こんなウンザリするような事件が起きる世界だけど、希望を持って生きていきたい。
このウチの猫の表情のように。

そして、金八。
今思えば、なんだろうあのテレビドラマはと。
「生徒を想う教師」が沢山いるという考えが植え付けられ、僕もそう思っていた。
そんな教師は一人も居なかった。
あれはテレビドラマというエンターテイメントだったのだ。

僕がそう言うと、「いや、そういう生徒を想う教師は当時は沢山いた」という人がいるかも知れない。
でもね、そういう中村雅俊か金八を観て、そういう風に気取っている人が一時的に出現していたんじゃないかなって思う。

逆に僕は、社会人になって今に至るまでずっと、部下を想う上司や先輩がこんなに多いとはとビックリしたぐらいだ。

ということで、僕は言いたい。
社会に出て会社に入ったら、イヤな上司が目白押しと思いがちけど、学校に居るより千倍マシだ。
だから、何かやりたいなってことがあったら、社会に出るまでちょっとだけ我慢するというのが手って思う。

自分の身(子)は自分で守るという「基本」に立ち返り、
「いざ」という時のために「行動」出来るように準備しておく

僕も保護者。

でもね、こういう僕だから自分の身(子)は自分で守るという基本スタンスをとっている。
そりゃ理想像の「生徒を想う教師」がたくさんいれば良いよ。
でもね、現実ムリだよ。

元々いないんだから。

僕のかつての友人には公務員という意味で教師を選んだ人もいるぐらいで、単に職業選択のひとつなわけだ。
出来ることは、ひとつ。
子の言動に常に気をつけて、「いざ」という時のために「行動」出来るように準備しておくこと。

何か虚しいけどね。

これ、「カプリコミニ」っていうチョコレート菓子。 でもね、「チョコ味」って書いてある。 え?これチョコじゃないの??

これ、「カプリコミニ」っていうチョコレート菓子。
でもね、「チョコ味」って書いてある。
え?これチョコじゃないの??

今日は何だか色んな想いが去来して思わず長文になった。
この問題は色んな意味で根深い。
てか、データベースに「万引き」の記録を元に、それを私立高校の推薦入学の時の進路指導の材料として同僚の教師に確認せずにそのまま生徒にヒアリングしたわけでしょ。

これ、普通の仕事に置き換えたら、顧客データベースにある担当先企業の社長の人物欄に「手癖が悪い」と書いてあると。
で、それを前任者に確認せずにその社長に「社長、手癖が悪いんですね?」って立ち話をしたに等しいわけだ。

僕はそんなヤツがいたら0.5秒で解雇だ。

そして多分、教師間の横のつながりが無いわけでしょ、これって。

僕もこれまでの職場で苦手の人は沢山いたけど、仕事上必要ならそんなこと無関係に淡々とそういう人と上手くやってきたわけで。

っていうか、これ、教師の世界の構造問題みたいなものだったりして。

まだまだ色々言いたいけど、こんな時間になったから寝るわ。
明日は金曜日、みんなもうひと踏ん張りだよ。
また明日、ではではー!

能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

関連記事

  1. 気持ちは分かるぜ。でもさ、
  2. 「見抜けなかった」人たちの罪
  3. ヤフーとブックオフ
  4. 反復練習の重要性
  5. ベネッセ事件、賑わう業界と仕事
  6. いじめは無くならない、だから・・・【ニュース・時事問題】
  7. 「女性蔑視」か「嫉妬」か
  8. 女性の社会進出が少子化の原因じゃないって。男もやりたいことがあり…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 349117総閲覧数:
  • 321今日の閲覧数:
  • 2904先週の閲覧数:
  • 9082月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

最新記事

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

PAGE TOP