お仕事

考えすぎかしら??「超便利!なAmazonが生み出す価値」と「無くなる仕事」そしてスキルのコモディティ化は進行する


今日の2枚「天真爛漫なアナタが・・・!」

天真爛漫な美しさを絵に書いたような、アナタ・・・、ってもうアナタは数十年前に亡くなったハズ? これは一体・・・!?答えは記事の最下段へ。

天真爛漫な美しさを絵に書いたような、アナタ・・・、ってもうアナタは数十年前に亡くなったハズ?
これは一体・・・!?答えは記事の最下段へ。

ロッキーをAmazonプライム・ビデオで観て

今日も「クリード」、観に行けなかった。

なので、昨日はシリーズの第1作「ロッキー」を観たわけ。
Amazonプライム・ビデオでさ。

いやー、やっぱり何回観ても「ロッキー」は最高だね!

IMG_3909

でもさ・・・。

突き抜けたAmazonの会員サービス

そうそう、このAmazonプライム・ビデオって、前にも書いたけど、「年額」3900円(月額325円!)払って享受できるAmazonのプライム会員サービスの1つ、英語で書くと「One of them」ね!

Amazonのプライム会員サービスはビデオ観放題(これがプライム・ビデオのことね!)・音楽聴き放題・お急ぎ時間指定がタダ・kindleオーナーライブラリが毎月1冊タダ・・・等など、ハンパなく充実した会員サービスだ。

で、このプライム・ビデオに話を戻すと、ハンパない数のビデオが見放題、それもプライム会員になればタダなんだよね。
ビデオのみの「単体」の観放題で「月額」1000円前後も払うビデオ見放題サービスはとても太刀打ち出来ないだろう。

ーーーー
Hulu:月額933円(年額11,196円)
U-NEXT:月額1,990円(年額23,880円)
Netflix:月額950円(年額11,400円)
他TSUTAYAとか、GEOとか、dtvとかイロイロあるけど・・・ね。
ーーーー

まさに他社は負け戦っていうか、僕なら絶対Amazon以外の動画観放題サービスなんか入らないもの。
頭一つ出ているんじゃなくて、突き抜けているんだよ、Amazonの会員サービスって。

「生み出される価値」と「無くなる仕事」
そしてスキルのコモディティ化は進行する

こんな新しい価値を提供するAmazon。

一方で、最近レンタルビデオ屋さんにいるお客さんが少ないなと感じる。
気が早いかもしんないけど、客が離れているのかな・・・と。

多分、考えすぎかも知れないけど、こういったビデオ観放題サービスがガンガン出ているの影で、
レンタルビデオ屋さんのお客の数が減少→店舗閉鎖→従業員が要らなくなる→雇用が失われる
ってな、ことが起きてるかも。

新しい価値が生み出される一方で、レンタルビデオ屋さんという仕事が無くなるんじゃないかな・・・なんて思うわけ。

でも、こういうことって必然なんだよね。

関係ないけど、今日百均で買った栄養ドリンク。 「タギル」ってwww でもこの百均で売っているものも、かつては高級品だったものばかりだ。 超便利な百均の影で泣いている人は数多くいるだろう。

関係ないけど、今日百均で買った栄養ドリンク。
「タギル」ってwww
でもこの百均で売っているものも、かつては高級品だったものばかりだ。
超便利な百均の影で泣いている人は数多くいるだろう。

昔の会社ではタイプライターを使えることで専門職ということだったらしいけど、ワープロが出てきて彼らは職を失った。
1995年にWindows95が出てから使いやすいWordやExcel、Powerpointが出て完全に普及している今では、これらを操作するスキルは仕事をする上での前提条件となっている。

もっと進んだ今の会社の現場ではどうか。
特別なデザインの教育を受けていなくても、Adobeのillustratorが使える人が増えてきてイラストをPCでスイスイ書く人は珍しくない。
動画制作も徐々に特別な仕事ではなくなり、AdobeのPremiereやAffterEffectsはプロだけの道具じゃなくなってきて、Youtuberなんて掃いて捨てるほど世界中にいる。

かつては手に職を持った特別な人と思われた職業(ここではイラストレーターや映像制作ディレクター等)につく人が特別ではなくなる。
つまり、イラストを作ったり動画を作ったりすることは昔は特別な能力だったものだけど、今では結構コモディティ(日用品)化してきて、やがて職を失う危機にあるのかなって。

こんな感じでドンドンドンドン、ビジネス、いや人は進化していく・・・って僕、考えすぎかしら??

冒頭のクイズ(?)、答えはお台場のDECKSにあるマダム・タッソー東京入口にあるマリリン・モンローさんの人形でした。 実物の人形を観てもすごく良く出来ているのでガチでビックリするよ。

ハイ、答えはお台場のDECKSにあるマダム・タッソー東京入口にあるマリリン・モンローさんの人形でした。
実物の人形を観てもすごく良く出来ているのでガチでビックリするよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!


能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

関連記事

  1. 経験という厄介なもの
  2. 10年ぶりの熱い体験
  3. さて休出だ
  4. テンションを変える
  5. 飲み初め
  6. 身近な場所に
  7. 妥協とカッコ良さ
  8. 当たり前な事が一番

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,600人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 360375総閲覧数:
  • 72今日の閲覧数:
  • 2938先週の閲覧数:
  • 9199月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

最新記事

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

PAGE TOP