【東京ぶらり探訪】

「練馬アニメカーニバル2015」で、改めて「好き」を仕事にする難しさを知る【東京ぶらり探訪#10】


今日の1枚「忘れなきゃいけない」

「忘れなきゃいけない そう思うほどに どうして いい思い出たちばかりが残るの?」 宇多田ヒカルさんの歌の一節。 ランチを食べながらそう思った。

「忘れなきゃいけない そう思うほどに どうして いい思い出たちばかりが残るの?」
宇多田ヒカルさんの歌の一節。
ランチを食べながらそう思った。

マジ?
地元練馬でこういうイベントやってたんだ!

ある日、新聞を開くと、

また半年前からまた紙も取り始めたんだよね。
これまでずっと日経電子版で新聞は済ませていたんだけど、やっぱりデカイ紙面は良いよ。
広告を見ても物理的な迫力があるし、一覧性があって読みやすいし。
電車内でかさばる?だったらその時だけスマホかタブレットで読みゃいいじゃん。

折り込みの練馬区の広報誌に目がいった。

練馬アニメカーニバル2015・・・?」

何じゃそりゃ。

練馬は日本のアニメの聖地らしい

IMG_1040

「練馬アニメーションサイト」を開くと、

練馬区は「アニメ・イチバンのまち」でもあります。
まず、日本のアニメ製作が本格的に始まった《ジャパンアニメーション発祥の地》であり、日本初の劇場用長編アニメ「白蛇伝」や日本初の連続TVアニメ「鉄腕アトム」が製作された「アニメ・イチバン最初」のまちです。
そして現在は、アニメ産業に関わる会社が一番多く集まっているまちでもあります。区内には90社を超えるアニメ関連会社があり、「アニメ・イチバン多い」国内最大の集積地となっています。(練馬アニメーションサイトより)

だという。

10年住んでてチラリと聞いたことはあったけど、ここまでとは知らんかった。
こりゃ行くしか無いね。

何かいい感じよ

開催地は練馬駅北口。
開催日は10月17日(土)、18(日)。
で、早速入場すると、

IMG_1035

こんな感じで看板がお出迎え。
屋外のステージでは、こんな感じで、

DSC00018

歌や踊りが披露されていた。
・・・アニメと関係あるのか良くわからなかったけどw

他野外では、こういう、

IMG_1038

フランクフルトや、こんな、

IMG_1042

キッシュとかのお店のテントがあって、何だかのどかな雰囲気。

のどかな雰囲気は好きなんだけ、僕のお目当てはこれじゃないんだよね。

お目当ては「アニメの学校@ねりま」

僕のお目当てはこれ。

DSC00004

「アニメの学校@ねりま」ということで、アニメ制作のワークショップをやっていたんだよね。

で、僕はこの写真にある、18日(日)の「アニメの仕事、制作編」「アニメづくりに挑戦、デジタル制作体験」というコマに参加した。

「好き」を仕事にする難しさはどの業種・職種でも変わらない。「仕事は趣味じゃない」「『好き』だけじゃ足りない」

IMG_1052

このワークショップ、実は高校生向けなんだけど、席に空きがあるということで参加させていただいた。
趣旨は、アニメ制作に興味がある高校生に向けた業界挙げての説明会ということらしい。

で、僕が聴講したのは、まず「アニメの仕事、製作編」ということで、手塚プロのプロデューサーとアニメーターの方々が登場。
これは本当に聴いて良かった内容だった。

業界の収益構造や日本のアニメ業界の現状をプロデューサー氏が解説。
そして、見るからに風雪を乗り越えてきた感じのベテランアニメーターが実務面を解説。

そのアニメーター氏の言葉が重くもあるんだけど、楽しさも感じさせる話ぶりなんだよね。
でも、当然ながら厳しい話も。

例えば、入社したてで鼻高々にやっていこうとするんだけど、日本中から腕に自身がある人ばかりが集まるんで自信喪失してしまう人の話。
こういう、ある種労働集約的でもあるんだけど、やっぱり一種のアーティスティックな業界は、人気がある業界だ。
たとえ、超ハードな割には収入が超少ないと言われる業界でもあってでもさ。

「アニメづくりに挑戦、デジタル制作体験」というこの後の時間に受けた講義の講師の方によると、最近の効率化を追求する会社の中では収入もある程度望める企業も出現しているらしい。

で、アニメーター氏が強調していたのは「仕事は趣味じゃない」「『好き』だけじゃ足りない」ということ。
プロデューサー氏も、高校生向けの話しぶりなんだけど、受注して実際に制作していく中でいかに利益を上げていくかについて説明していた。

これには、本当に頷いた。

やっぱりさ、アニメ業界っていう、一見アーティスティックな業界と仕事であっても趣味じゃないんだよね。
仕事だから。
限られたコスト、そして厳格な納期の中でいかに水準を確保した作品をつくり、売上に繋げられるか。
お二人が言いたかったのは、そこなんだよね。

どんな業界でも収益を上げることが命題である民間企業に勤める以上、営業じゃない人も収益とコストについて頭のどこかに入れて置かないとダメなんだよ。

これまで僕が接してきた人を振り返ると、
「仕事にキレがある人」はみんなそうだった。
逆に「仕事にキレがない人」は収益とコストについて考えていない人ばかりだった。
そりゃそうだよ、これ、ビジネスマンの適性そのものだからね。

ふー、のどかなイベントで仕事を考えるとは思わなかったけどねw

ということで、もうこんな時間。
寝るね。
ではではー!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!


能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

関連記事

  1. 「東京ゲームショウ2015」に行ってきた!今日はサワリだけの紹介…
  2. ジョニー・ディップとレディー・ガガが、何と東京駅地下辺りで・・・…
  3. 築地にまた行ってきた#1 ー ややこしい!「場外」だけ今年201…
  4. 「中野ブロードウェイ」探検記【東京ぶらり探訪#3】
  5. 先人たちの労苦を想い、涙が滲む(西新宿・平和祈念展示資料館へ)【…
  6. マジ?昼間もやっていたの!?HOOTERS(フーターズ)新宿西口…
  7. 谷根千、ネコはいないぜ!【東京ぶらり探訪#2】
  8. 若き女子だらけ!僕みたいなオッサン超浮きまくりwww ニチゲーの…

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,600人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 360045総閲覧数:
  • 72今日の閲覧数:
  • 3087先週の閲覧数:
  • 8869月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

最新記事

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

PAGE TOP