読書とブックレビュー

読みました!ホリエモンの「わが闘争」


セミの季節が待ち遠しい。 まだ5月だけど。

セミの季節が待ち遠しい。
まだ5月だけど。

今日の1枚

☆★☆★☆★
◎毎日続けていること(2015年5月18日)
・完全禁煙:連続239日目(9月21日開始、実施率100%)
・毎日朝食を自分で作って食べる事:連続231目(9月30日開始、実施率100%)
・弁当を自分で作りランチで食べる事(仕事と大学のランチ):200日目(10月21日開始、実施率88.5%、やらなかった日は23日)
・ダイエットエクササイズ:連続188日目(11月11日開始、実施率90.4%、やらなかった日は18日)
・節酒:231日目(9月30日開始、実施率76.6%(目標95%)、この間酒を口にしたのは家飲み含め54日)。
・英語学習:204日目(10月27日開始、実施率93.1%(目標100%)、やらなかった日は14日)
・プログラミング1日1章(html/css/JavaScript/Objetive-C/PHP):169日目(12月1日開始、実施率85.8%(目標95%)、やらなかった日は24日)
・AfterEffects1日1題:169日目(2月1日開始、実施率85.8%(目標95%)、やらなかった日は24日)
◎今日使ったお金(2015年5月18日)
5月月間トータル35,362円(1,964円/日)
☆★☆★☆★

読みました。

IMG_2751

ホリエモン著の「我が闘争」を。

ヒトラーの著書と同じタイトルという刺激の強さと思いきや(「はじめに」に理由が書いてある)、文字通りの意味だけで、別にヒトラーとは無関係だ。
そうそう、そもそもこの本って、ホリエモンの42歳時点の自叙伝なんだよね。

この本の「特設サイト」にはこういった紹介文が書いてある。

いつだって、孤独だった。でも、誰かと分かり合いたかった。それでも、僕は闘い続けてきた。だから今、もう一度「宣戦布告」。
堀江貴文、早すぎる自叙伝。
幼少期、九州での窮屈だった時代、憧れの東京、東大時代、恋、起業、結婚、離婚、ITバブル、近鉄バファローズ買収への名乗り、衆議院選挙立候 補、ニッポン放送株買い占め、時価総額8000億円、ライブドア事件、逮捕、検察との闘い、服役、出所、そして新たなステージへ……。またたく間 に過ぎた日々の中で僕が直面してきたこと、すべて。
目の前のままならないこと、納得できないこと、許せないことと闘い続けてきた著者が、自分の半生を正直に語りつくす。

情報源: 『我が闘争』堀江貴文(著)特設サイト

さて、肝心の感想なんだけど・・・ホリエモン好きには必携、たまらないと思う。
もちろん僕も含めてね。
っていうか、全国にホリエモン好きの人って、全国にかなり多いと思う。
本書の中で衆議院議員選挙のくだりがあるけど、もしあの時の亀井静香氏と対決した広島6区じゃなくて、比例で出馬したら余裕で勝っちゃうんじゃないかと思う。
ま、受け入れる政党やホリエモン自身が出馬する意思があるかは一番の問題だけど。

一方、僕のようなホリエモンと同学年の人や、僕よりずっと年下の20代前半の人にも、ホリエモンに拒否反応を示す人も同じくらいいると思う。

そんな、ホリエモンに感心がない人には、本書を読む理由が全く見当たらない。
例えば、今年の近畿大学の卒業式のような、ホリエモンが出てきても反応が薄い人たちにとっては、読む理由が無いと思う。

「堀江トリビア」とあの人への憎悪

この本では「有馬さん」という女性が登場する。
僕はこの女性がホリエモンと結婚したのかと思いきや、結婚して子供を産んだのは別の女性だったようだ。
こういう「堀江トリビア」のような知識がファンにとって嬉しかったりする。

そして、この本では宮内氏への言及が殊の外多い。
まぁライブドアの経理・財務や、逮捕のキッカケだったライブドアファイナンスを仕切っていた人なので、言及は多いのは当然だけど、何か憎悪のようなものが見え隠れしたね。

これ以上書くとネタバレになるので、ここらへんは読んで頂戴。

この本のここが好き!

僕はこの本で出てくるこのくだりが好きなんだよね。

僕は人からどう思われようと構わない性格だ。
つまり嫌われても気にならないということ。
僕を嫌いかどうかは、僕ではなく相手の問題である。
相手を変えようとして努力したところで限界がある。
いやそれは多分無理なことだ。

情報源:堀江貴文「我が闘争」

特に本書を読めばわかるけど、ホリエモンは元々子供の頃は繊細な人だったようだ。
しかし、特にフジテレビ買収騒動以降の強烈なバッシング等で、自分を見失わないための自衛手段のひとつとして、このような思考方法になり、悪口への耐性レベルをメキメキと上げていったという。

こういう考え方、分かるぜ。
なぜなら、僕も同じ考えを持っているから。

あー、いい本を読んだ。
今日は、ぐっすり寝ていい夢見れそうだ。
ということで、ではではー!

★☆★☆★☆
昨日の「1分間通信」

昨日のYouTubeです。
こっちの方も「毎日」「1分間で」好き勝手に話してますので、ぜひご覧ください!
可能なら「チャンネル登録」も宜しくお願いします!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!


能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

関連記事

  1. ホリエモン本の言葉にテンション上がって
  2. 「ウィークタイ(自分をよく知らない人)」の効用はヤバイし言ってる…
  3. Kindle Unlimited 読み放題で読む、土山しげるグル…
  4. 「あなたは、今、生きている。そのことが、私にはとてもまぶしいので…
  5. 雑誌も貸し出しOK!図書館、ますますLOVE
  6. 「職なし」「金なし」「女なし」な主人公による名言の宝庫!(「独身…
  7. さあ、読むぞ!
  8. 「下積み」は「嫉妬」をかわすためのプロセスかもね(「面白い生き方…

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,596人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 371329総閲覧数:
  • 40今日の閲覧数:
  • 2812先週の閲覧数:
  • 8153月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

最新記事

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

PAGE TOP