映画・DVDレビュー

今年観た映画・DVDトップ10!ベスト1は『アウトレイジ』


今日の1枚

自分で焼いて、ケチャップをぶっかけただけのハンバーグ。 不格好極まり無い。 でも、これがどこのハンバーグよりも旨かったりするんだよね。 人も同じだ。

自分で焼いて、ケチャップをぶっかけただけのハンバーグ。
不格好極まり無い。
でも、これがどこのハンバーグよりも旨かったりするんだよね。
人も同じだ。


ーーー
◎毎日続けていること(2014年12月27日)
・完全禁煙:連続97日目(9月21日開始、実施率100%)
・毎日朝食を自分で作って食べる事:連続89日目(9月30日開始、実施率100%)
・弁当を自分で作りランチで食べる事(仕事と大学のランチ):68日目(10月21日開始、実施率98.5%、やらなかった日は1日)
・ダイエットエクササイズ:連続47日目(11月11日開始、実施率100%)
・節酒:89日目(9月30日開始、実施率77.5%(目標95%)、この間酒を口にしたのは家飲み含め20日)。
・英語学習:62日目(10月27日開始、実施率93.5%(目標100%)、やらなかった日は4日)
・プログラミング1日1章(JavaScript/Objetive-C/PHP):27日目(12月1日開始、実施率85.2%(目標95%)、やらなかった日は4日)
・AfterEffects1日1題:27日目(12月1日開始、実施率85.2%(目標95%)、やらなかった日は4日)
◎今日使ったお金(2014年12月27日)
340円
12月月間トータル71,691円(2,655円/日、内飲み32,658円(45.6%)。今年一番の流出額。飲み代比率超高し。今年はもう飲まない)
ーーー

しかし、比較するのに無理があるかも知れないけど、高校生時代を考えると、この上にある流出額はとても大きいなって思うんだよね。
この流出額は衣食住の「住」以外の、通院代や通信費等も含めた僕の1ヶ月間の「衣」「食」全ての活動費だとしてもさ。
だって、高校時代って、校内でパンや弁当を買って下校時に喫茶店に寄っていたとしても、こんなに毎月出費が出ないワケだ
もっと言えば、特に20代は今より飲んでてカネも流出していたわけだけど、その中には全く意味の為さない飲みもあったわけで。
そんな時間とカネを、もっと別のコトに振り分ければ良かったなと思うこともね。

ただ、その飲みも、ムダばかりじゃなかったことは確かだけどね。
仰ぎ見るような方から知遇を得たり、生き方を考えさせられる会話だったり。
また、バカな場や状況であっても、それでそれまで縁遠かった人と打ち解けたりしたことも確かだ。
ただ、相手が女性の場合はそんなケースは余り無かった。
男尊女卑を言っているのではなく、同性の場合の方が心を丸裸にして話せるってことだ。

ま、そういうしょーも無いことをしていたから、30代後半戦から時間とカネと学びの大切さが痛切に分かったんだけどさ。
・・・気づくの、遅すぎ?

ということで、今日のテーマは今年観た映画・DVDトップ10だよ。

これが僕のトップ10一覧ね!

1.アウトレイジ
2.マッドドッグ
3.スティーブ・ジョブズ1995~失われたインタビュー~
4.BLACK MAFIA 絆 完結編
5.傷だらけの侠達
6.首領の野望2
7.アウトレイジ ビヨンド
8.悪党ジョーカー
9.堕悪(DARK)①
10.暴力列島2

今年公開・リリースされた作品は無いのはさて置き、見ての通り、3位のジョブズのインタビューを除いて、全て「いわゆるクライムアクションもの」だ。
このような、いわゆるクライムアクションもので描かれているのは、「組織」と「裏切り」、そして「男気」だ。
僕は普段からこの3つに強烈に関心を持って生きている
だから僕は普段、テレビは殆ど見る事は無く、この類いの映画やDVDを見るのだ。
なお、僕は暴力礼賛という思想は持っていない。

ということで、ベスト1の『アウトレイジ』について、チョっとだけ触れるね。

キタノ作品の最高傑作?
『アウトレイジ』(ネタバレあり)

第1位は「世界のキタノ」の『アウトレイジ』だ。

第7位にも続編の『アウトレイジ ビヨンド』が入っているので、まとめて紹介するね。

ストーリーは、こんな感じ。

【ストーリー】
関東一円を取り仕切る巨大暴力団組織・山王会組長の関内(北村総一朗)が若頭の加藤(三浦友和)に、直参である池元組の組長・池元(國村隼)のことで苦言を呈す。そして、加藤から直系ではない村瀬組を締め付けるよう命令された池元は、配下である大友組の組長・大友(ビートたけし)にその厄介な仕事を任せる。こうして、ヤクザ界の生き残りを賭けた壮絶な権力闘争が幕を開けた。
(出典)Amazon.co.jp

「全員悪人」というキャッチどおり暴力もそうだけど、この映画全編「裏切り」というキーワードで彩られている。
このストーリーに書いている通り、たけしさんは弱小組織の長なんだけど、その「親から」大組織の盃をエサに、様々な汚れ仕事を押しつけれる。
結局梯子をはずされ裏切られ、追い詰められた挙げ句、破壊的な暴力で仕返しをする。
しかし・・・という展開だ。
で、続編の『アウトレイジ ビヨンド』でも、やはりキーワードは『裏切り』だ。
前作でたけしさんの部下だった加勢亮さんが組織の幹部になり狂気の沙汰を繰り返す。
前作の終盤、刑務所に入り、恨みを持つ刺客(中野秀雄さん)に殺されたと思われたたけしさんが生きていて、出所後、その中野秀雄さんと組んで、自分たちをハメた連中に猛烈な復讐劇を繰り広げる・・・って感じ。

ホント、僕が居るようなサラリーマンの世界でも小さな裏切りは、これまで老若男女問わず、色んな連中からされてきた。
っていうか、元々人間というのは、そんな小さな裏切りをお互いしつつ、されつつ、折り合いをつけながら生きているんだろうね。
でも僕は「裏切り」や「梯子はずし」をしたヤツは許さないけどさ。
ただ面と向かって言わないだけで。

中身的にはこんな感じなんだけど、出てくる俳優陣もズラリ一流どころが勢揃いだ。
椎名桔平さんと加勢亮さんの狂気。
前後編とも出てくる悪徳刑事を演ずる小日向文世さんも裏に表に暗躍しまくり。
中野秀雄さん、さらに白竜さまも出演して、ここに小沢アニキがいたらどうなったんだろうと思うぐらいの豪華共演陣、まさに、「全員悪人」に相応しい作品だ

小沢アニキはあまりに濃過ぎてだけしさんとバッティングするから無理だっただろうけど、たけしさんと小沢アニキの共演は観たかったね!

参考映像

ということで、映画・DVDも1本観られるか観られないかってぐらい、もう今年もあと僅か。
来年も良い作品を観ていきたいね。
ということで、明日は僕が食べた外食先ベスト10ね。
ではではー!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!


能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

関連記事

  1. ヤマトの魅力・・・それは「使命」を持って生きることへの憧れだ(「…
  2. 「僕はこの賭けをやらなければ、生きている意味がないんだ」ーーー『…
  3. 救いようがない中に希望を見出す【ネタバレあり】
  4. 胸を打つ天才同士の魂の対話にページを開くことさえ愛おしい:石原慎…
  5. 追悼・松方弘樹さん 僕が愛した主演作品ベスト3【映画・DVDレビ…

時系列別記事リスト

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,596人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 395499総閲覧数:
  • 471今日の閲覧数:
  • 3284先週の閲覧数:
  • 7332月別閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数:

最新記事

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

PAGE TOP