【東京ぶらり探訪】

先人たちの労苦を想い、涙が滲む(西新宿・平和祈念展示資料館へ)【東京ぶらり探訪#0】


西新宿、新宿住友ビル。

IMG 0148

このビルに僕は訪れることは殆どない。

でも今日はここに行くために来た。

IMG 0150

よく、ビジネスを戦争になぞえる人がいる。
でも、本当だろうか。
仕事上では、どんなミスをやらかしても、99.9%命を取られることはない。
戦争は、本当に、「死ぬ」のだ。

「死」は、誰もが公平に、「いつか」訪れる。
でも、その「いつか」までを精一杯生きることが人生の醍醐味だ。
その醍醐味を味わえなかった、先人の労苦、それは一体どのようなものだったのだろうか。
今日僕は朝起きて、突然そんなことを想い、家族を連れてここに向かった。

展示品の一つ一つに胸を打たれる。

館内は、「兵士コーナー」、「戦後強制抑留コーナー」、「海外からの引揚げコーナー」の3つに分かれる。
「兵士コーナー」は、出征する兵士の蝋人形や軍服、日誌など、軍隊生活が実感できる資料が満載だ。
「戦後強制抑留コーナー」は、シベリアやモンゴルへの強制労働の生活関連の資料を展示している。
「海外からの引揚げコーナー」は、外地からの引揚げの労苦を綴った資料などが展示している。

ここは基本的に館内では写真撮影は禁止なので、写真での紹介は出来ない。

ビルの1フロア、それも全てのスペースを使っていない割に、とても広く感じる。
というか、その当時を再現する効果的な写真やイラスト、解説文のパネル、遺留品など、非常に情報の密度が濃いのだ。
結局、僕らは2時間近くもかけて、くまなく展示品やパネル等の資料を見入った。

感じたこと、それは、想像を絶する労苦だ。
例えば、強制抑留では57万5千人もの方々が、過酷な強制労働に従事し、シベリアはもちろん、遠くモスクワやウクライナの方まで連れて行かれた方々もいたという。そして、約5万5千人もの方々が、戦争が終わった後に命を失った。

僕の知識がとても不足しているのだが、本件について、日本と旧ソ連との間に何らかの補償はあったのだろうか。

これらは、学校で、本で、歴史のお勉強として学んだことだ。
しかし、展示品や、そこでの生活を綴った手記などの、実際のモノを見ると、また違った想いが胸に迫る。
この方々は、絶望また絶望の日々のなかで、どういうふうに生きる希望を見出していたのだろうか。
ただただ、僕は呆然としながら、展示品やパネルを眺めるしか無かった。
特に、「あの」パネルにあった言葉を見て、僕は涙が滲んだ。

IMG 0161

逆に生きる希望が湧いてくる

このような展示を見ると、見終わった後は何だか複雑な思いで一杯だったが、家に帰って改めて館内を思い出しつつパンフレット等を見ると、どういうわけか、逆に生きる、生きていく希望が湧いてきた。

何だろう、上手く言えないけど、その命がけの日々を過ごした方々の魂のようなものが、そうさせるのだろうか。

IMG 0166

館内を出た後、上の階の展望室に向かった。
展示を見た後だからこそ、よりひとしお、この日本の繁栄は先人たちの艱難辛苦、そこからの賜だと改めて感じた。

生きる希望が湧いた、本当に、意義ある訪問だった。

<オマケ>
何と、本館のとなりでは、「ねるとんパーティー」をやっていたようだ。

今の人たちに「ねるとんパーティー」って言葉は通じるのかしら??

IMG 6553 1

戦争と平和、まさに対極的な構図だったな。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!


能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

関連記事

  1. ハイリーファイブカフェ(hailey5cafe)に行ってきた!ー…
  2. 時間、取り戻せない貴重なモノ
  3. 圧倒的な敗北感を味わう時
  4. 「中野ブロードウェイ」探検記【東京ぶらり探訪#3】
  5. 生きているのか?生かされているのか?
  6. 「返報性の法則」に負けない
  7. 10年後、アラフォーからアラフィフ、その時何が!
  8. 後出しジャンケンはカッコ悪い

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,600人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 360045総閲覧数:
  • 72今日の閲覧数:
  • 3087先週の閲覧数:
  • 8869月別閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数:

最新記事

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

PAGE TOP