小説「向こう側へ渡る、その境」第1回

小説

第1回 1998年5月2日 12時30分

「もしもし、おはよう。ってもう、12時半じゃん。これじゃ『こんばんは』だよねー。それも違う?アホだね、俺ってハハハハ・・・」

我ながら、この掴みは好評だと自負している。
たったこれだけのフレーズをよどみなく話せるようになったのは、ここ1ヶ月ばかりのこと。
それまでは顔も見えない相手なのに、赤面して、声も出なかった。
でも、掴みは掴み、会話はこれからなのだ。
そして会話のその先に見え隠れするもの、それに向けた駆け引きを俺は楽しむ。

Yesterday's Call

これまで百人とつながって、まともな会話までもっていけたのは20人程度。
大概は相手に一方的に切られるのがオチ。
その20人のうち逢えるのは1人。まさに4%の確率だ。
せっかく逢えたところで、出てくるのは俺の好きな知的でおしとやかな大和撫子タイプの娘とは天と地ほどかけ離れたアバズレばかりだ。

そんな女でもがっかりすることはない。
実際に逢って話すと結構な即席恋人気分になるものだ。
また次回、チャレンジする意欲をかきたてられる。
居酒屋で適当に1時間ぐらい世話話をして、デキないかの話まで持っていく。
ダメなら、さよなら。

弁解するわけじゃないが、もともと好きでツーショットダイヤルにはまっているわけじゃない。
これは「取材」なのだ。

(第2回につづく)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!

能戸 淳

能戸 淳

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、ですがその匂いが全く感じられないといわれます。 2021年からブログを雑記から「食事」「ガジェット」「お出かけと旅」「写真と動画」「あの日、あの時」「仕事」に絞り込んだ内容にし、それ以外は独立したサイトやSNSに順次分離します。

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

能戸 淳

能戸 淳

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、ですがその匂いが全く感じられないといわれます。 2021年からブログ内容を雑記から「食事」「旅」「映像」「音楽」「資格取得」「生き方」に絞り込んだ内容にします。

最近の記事
  1. 「極道の代紋 レジェンド」とうとう白竜様演じる津浪が再始動

  2. 母校から・・・

  3. IQOS 3MULTI、デザインも良くてイイね!

Twitter でフォロー

Count per Day

  • 74現在の記事:
  • 844805総閲覧数:
  • 153今日の閲覧数:
  • 266昨日の閲覧数:
  • 1678先週の閲覧数:
  • 10711月別閲覧数:
  • 509777総訪問者数:
  • 127今日の訪問者数:
  • 152昨日の訪問者数:
  • 1159先週の訪問者数:
  • 8304月別訪問者数:
  • 147一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年6月2日カウント開始日:

今後のイベント

今後のイベントはありません

TOP