小説

小説「向こう側へ渡る、その境」第1回


第1回 1998年5月2日 12時30分

「もしもし、おはよう。ってもう、12時半じゃん。これじゃ『こんばんは』だよねー。それも違う?アホだね、俺ってハハハハ・・・」 

我ながら、この掴みは好評だと自負している。
たったこれだけのフレーズをよどみなく話せるようになったのは、ここ1ヶ月ばかりのこと。
それまでは顔も見えない相手なのに、赤面して、声も出なかった。
でも、掴みは掴み、会話はこれからなのだ。
そして会話のその先に見え隠れするもの、それに向けた駆け引きを俺は楽しむ。

Yesterday's Call

これまで百人とつながって、まともな会話までもっていけたのは20人程度。
大概は相手に一方的に切られるのがオチ。
その20人のうち逢えるのは1人。まさに4%の確率だ。
せっかく逢えたところで、出てくるのは俺の好きな知的でおしとやかな大和撫子タイプの娘とは天と地ほどかけ離れたアバズレばかりだ。

そんな女でもがっかりすることはない。
実際に逢って話すと結構な即席恋人気分になるものだ。
また次回、チャレンジする意欲をかきたてられる。
居酒屋で適当に1時間ぐらい世話話をして、デキないかの話まで持っていく。
ダメなら、さよなら。

弁解するわけじゃないが、もともと好きでツーショットダイヤルにはまっているわけじゃない。
これは「取材」なのだ。

(第2回につづく)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!


能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

関連記事

  1. 小説「向こう側へ渡る、その境」第2回
  2. 小説「向こう側へ渡る、その境」第7回
  3. 小説「向こう側へ渡る、その境」第8回
  4. 小説「向こう側へ渡る、その境」第3回
  5. 小説「向こう側へ渡る、その境」第12回
  6. 小説「向こう側へ渡る、その境」第11回
  7. 小説「向こう側へ渡る、その境」第6回
  8. 小説「向こう側へ渡る、その境」第9回

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,596人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 371329総閲覧数:
  • 40今日の閲覧数:
  • 2812先週の閲覧数:
  • 8153月別閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数:

最新記事

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

PAGE TOP