生き方

夢とグチと

まずは聞いてよ。
ビートたけしの「浅草キッド」だよ。

僕は41歳。
「将来は・・・」ということを言うトシではないことは分かっている。
何しろ、将来が今なのだから。

言い方を変えてみる。
41歳でも「夢は・・・」とは語ってもいいだろう。

どうして年を食うと
グチが多くなるのだろう

最近、僕はあまり酒を飲まなくなってきた。
そりゃ飲むんだけど、以前と比べてね。

今日も一人で1杯だけ居酒屋でホッピーを飲んだ。

何故かというと、何だか僕と同年代の人以上と飲むと、グチ的な話題が多くなるからなんだよね。

要は、前向きじゃないのだ。
前向きじゃない話が続くと、僕も後ろ向きになっちゃうわけでさ。
相手は会社の人に限らず、ね。

かと言って、単に若いヤツと飲んでも、それはそれでもっとツマラナイんだよね。
たとえそれが若い女性であっても、ある種の経験値が乏しいせいか会話に深みがない人が多くてさ。

別に悪意はありません、若くても面白い人も中にはいます。

年を食うと、どうしてこう、グチが多くなるのだろうね。

イエスともノーとも言わない

未来を見据えるも、従順な犬

心に夢はあるものの、従順な犬であることに喜びも?


最近、同年代の人とご一緒する時に「将来の夢、あります?」と何人かに聞いてみた。
別に言わなくてもいい、イエスかノーかを聞いているのだ。
返す言葉はひとつだ。

「・・・夢ねぇ」

イエスとも、ノーともみんな言わないのだ。

なんだろう。
夢の有り無しを言うのは恥ずかしいのだろうか。
僕はかつて、ハッキリ言った。
夢は「スーパーでイチゴを躊躇なく買うことができること」「寿司を躊躇なく食べることができること」等々だ。
いいじゃん、そんなレベルでも。

結局、ある程度満足しているんだね

「世界に一つだけの花」、か・・・。

「世界に一つだけの花」、か・・・。


結局みんな、なんだかんだとある程度は満足しているんだよね。
でも、本当は自分はそんな現状に満足したくない、そんなココロはあるのだけど、思い切ってやるもの面倒だ。
だから、とりあえずグチを吐く。

・・・僕もそうだ。
そんな僕と同類の人と交わるのが、まるで自分が鏡に写った姿を見るようで嫌なんだよね。
そんな自分を、毎日、少しづつ、変えていこう。

能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

関連記事

  1. 夢と、夢に向かう姿勢
  2. 生きているのか?生かされているのか?
  3. 実るほど頭を垂れる稲穂かな
  4. 徹夜と吉牛
  5. 人はいつ死ぬか分からない。 だから悔いなく!
  6. 金沢、香林坊ノスタルジア
  7. カワイイがモノを言う!
  8. 「若さ」ねぇ・・・

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 347935総閲覧数:
  • 390今日の閲覧数:
  • 2846先週の閲覧数:
  • 7900月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

最新記事

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

PAGE TOP