お仕事

事務の大切さ


P1000281
唐突だけど、昔いた職場(金融専門出版社)で、
「何で能戸君が事務なんかしているの?」
と言われたことがあった。

当時所属していた部署は超少人数で、仕事は、通信教育講座・フリーペーパー・メルマガ・イベント・セミナー教材・WEB・公益法人会計による決算など、何でもござれの状態で、基本毎日終電が普通だった。

その中で、「事務」も重要な仕事だった。

どうやら、その人は、
「事務という仕事は、何かを企画する仕事より格下だ。なんでそんな仕事をしているの?」
と言いたかったようだ。

全くバカげたヤツだと今でも思う。

事務作業のイージーミスほど致命的

何でこんなことを思い出したかというと今、この本を読んでいるから。

僕の大好きな佐藤優さんの近著で、30万部のベストセラーだ。

佐藤優さんを知らない人はいないと思うけど、念のため、対ロシア問題に強い元外務省主任分析官で、今は作家。
あの「国家の罠」は衝撃を受けた本だったな。

佐藤さんはこの本の中で、

僕が若い連中を怒鳴ったのは基本的な事務作業ができていない時がほとんど。

だという。

例えば、その事務のミスの影響の例として、

答弁書のとじ方に間違いがあって、ホチキスで留める時に前後のページが入れ替わってしまったいた。そのためトンチンカンな答弁となり〜中略〜国会審議が中断。〜中略〜そうなったら当然秘書官のクビも飛ぶ。

ということがあったという。

その他、この本のなかには、電報を打ち忘れたためにソ連との外交戦争に発展したことも書いてあってさ。

この本に書いてあるとおり、まさに、

事務作業のイージーミスほど致命的

だ。
それくらい、事務というのは仕事の基本であって、重要なものだ。

事務は仕事への熱意のバロメーターにも

例えば新入社員に事務をやらせてみる。
例えば、コピー。
コピーをするときにズレて読めない部分があってもそのまま渡す人。
間のページがヌケていても気にしない人。
複数ページがあってコピーした場合、天地が互い違いになっていても気にしない人。
っていうか、それ以前にこれらミスがないか確認すべきだ。
こういう手合いは、デカい仕事でもマヌケなミスを起こす。
まさに、その事務の巧拙は、仕事への熱意のバロメーターになり得るわけだ。

でも、最近ではそういった新入社員がコピーをするのではなく、派遣社員の方がコピーをしたりするわけだよね。
こんな感じで、その人の仕事の技量どころか人間性も測れるというのにさ。

憂慮すべきは

プラス拍車をかけるのが、最近のマッキンゼー本に代表される、いわゆるエリート本のブームだ。

この手の本の読者のターゲットは、大学出たての20代〜30代前半だろう。
いわゆる海外のビジネススクールとかに憧れたりする連中だ。

これらのエリートさんな企業に勤める人たちは、基本的に良い人が多いので、僕は恨みは無い。
が、憂慮すべきは、こういった本を読んで勘違いする輩が多くなることなんだよね。
指先ひとつで、口先ひとつで、問題解決するキレイな頭脳労働者。フレーワーク云々で問題はすべて解決。
そして、ここ重要(これ、よくある書きぶり)、「事務や電話応対などの自分の力を発揮すること以外の仕事は、他の人にアウトソースすること」
・・・全くバカげている。
それ、仕事の最も基本、いわば肝だぜ。
そんな基本動作が出来ていない20代半ばぐらいまでのヤツがアウトソースしてどうすんだよw

新入社員が街に溢れるシーズン。
詰まるところ、昔から若者と僕のようなオヤジは互いに敬遠するものだけど、こんな本たちがベストセラーになる今の日本に生きる若者は可哀想だね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!


能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

関連記事

  1. 同僚と
  2. お客様と社内官僚、またの名を茶坊主
  3. 絶対に侮れない会社という「器」
  4. あー、疲れた
  5. 上がってきたテンションを抑える
  6. さて仕事
  7. 未だ泥酔せず
  8. 金ではなく

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,596人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 371329総閲覧数:
  • 40今日の閲覧数:
  • 2812先週の閲覧数:
  • 8153月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

最新記事

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

PAGE TOP