ニュース・時事問題

最前線or指揮官、どっちが死線を彷徨ったのか?

昨日は、どうも眠れず、深夜1時近くからNHK教育テレビを見たんだよね。

IMG_5907

日中戦争・太平洋戦争で負傷し傷害を負った元兵士たちでつくる日本傷痍軍人会が2013年秋に解散した。
引用元: NHK【ETV特集】戦傷病者の長い戦後 2014年3月15日(土)夜11時、再放送:2014年3月22日(土)午前0時45分(金曜深夜).

番組は上のリンクにある通り。
さすが受信料を取るだけあって、こういった良質なドキュメンタリーを制作するのはNHKしかないね。
僕は民放、特にゴールデンタイムにやっているウンコのようなバラエティは大嫌いで、家族で食事する時のBGMとして以外見ない。

特にスタッフの内輪ウケみたいな番組(具体的にはフジの「めちゃイケ」ね)。
あれって「誰向け?」って感じ。
あんなのにカネ出すスポンサーの担当役員は「頭悪すぎない?」と思うんだけど。
・・・まぁその番組を見るターゲットに打ちたい広告があるから出稿するんだろうけどさ。
よっぽど、最近スポンサーが引き上げて話題になった日テレのドラマの方がマシだと思う。
一話だけ観たけど、何か問題があるんだろうかね??

前置きが超長いけど、ちょっと番組の中で引っかかった所があったんだよね。

階級に応じて恩給額が異なるって・・・

この番組の中で、恩給制度について触れていたんだよね。
僕はこれまで恩給に関しては、恥ずかしながらさしたる関心が無かったんだよね。
でも具体的に目で見ると「えっ!」と思ったわけだ。
それは、退職当時の階級によって恩給額が違うことだ。

それについて、総務省のWEBページでは、サラリと書いている。

恩給年額の計算においては、退職当時の俸給を基礎とするのが基本。 しかし、退職後の経済変動に対応して恩給の実質価値の維持を図るため、俸給年額を適切に増額し、これに基づいて年額を計算し直している。
引用元: 総務省|恩給|恩給制度の概要.

一方、僕が言いたいことを、分かりやすく書いているのがこのページだ(日本共産党「赤旗」。久々に見たな)。

(1)旧日本軍の階級制度を反映し、兵と将校の間で上厚下薄の受給格差がある(普通恩給で最低保障額五十六万円程度に対して最高額が三百四十一万円)、(2)A級戦犯のような戦争責任者やその遺族に巨額の年金が支払われている引用元: 軍人恩給、遺族年金についての政策は?

最前線or指揮官、どっちが死線を彷徨ったのか?

現代、公務員いや普通の企業でも「当然」職階が高い人ほど給料は高い。
しかし、戦争という極限状態の中で、最前線に居て、死線を彷徨ったのは主に一般の兵士のはずだよね。
そして、帰国し、片腕を失って途方に暮れる元二等兵に、職なんてあったのだろうか?
戦後暫くするまで、恩給制度は無かった。
その恩給制度が出来た(正確には復活した)ものの、その代償が、こんな格差ある金額とはね。

確かに理不尽だが・・・

理不尽。
確かに理不尽なんだけど、現代であっても、サラリーマンならどこの会社でもそうなんだよね。
職階が高い≒給料が高い、でも、その「職階が高い」が「その人の仕事の質・量に見合ってない」っていう意見ね。
「お、あの人全く仕事してないけど、あの給料か・・・」みたいなのって、僕が若い頃からあったわけでさ。
僕もさんざん、そんな感じで突き上げたものだ。
そんな僕も、そのような事を言われかねない職階と年齢になっているわけだ。
ま、僕は不感症なので若いやつに何を言われても何も思わないし、絶対に給料分以上の仕事をしていると言い切れるけどね。

今は実力主義の給与体系の時代だといってどこの企業でもそのような規程になっているようだけど、やはり給与は職階に準じ、職階はある程度の年齢に引っ張られる。
さらに、そこに実力の余地は余り無かったりする。
むしろ実力では無くて、ゴマスリが横行しているのが実際のところだろう。
実力≒ゴマスリというやつだ。さらに当人にはその意識が無くても査定をする上司が偏狭な場合も多いしね。

理不尽だけど、「これも社会かな」と考えて、今日はひとまず寝ることにする。

能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

関連記事

  1. 「女性蔑視」か「嫉妬」か
  2. ベネッセ事件、賑わう業界と仕事
  3. 反復練習の重要性
  4. 気持ちは分かるぜ。でもさ、
  5. ショーンK問題。問題の根底は、「選民意識」「差別意識」そして「承…
  6. 教師は聖職者じゃない。中村雅俊とか金八はいない。基本自分の身(子…
  7. ヤフーとブックオフ
  8. 「何が」じゃなくて「誰が」が重要だったり

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 349890総閲覧数:
  • 128今日の閲覧数:
  • 2692先週の閲覧数:
  • 9855月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

最新記事

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

PAGE TOP