生き方

「やらない」、その難しさ

IMGP7944
日々、仕事でもプライベートの生活でも、僕らはイチかゼロかの決断に迫られている。
イチかゼロというのは、「やるか」「やらないか」だ。

「やること」が並ぶと充実した気分に

僕は毎日、仕事でもプライベートでも、昔から年単位、月単位、週単位、そして翌日のToDoリストを作る習性がある。

このToDoリストを、日単位はともかくとして、週単位でもつくらない人がいる。
僕には、それが信じられない。
だって、そういう人って頭の中が整理出来ていないのだと思うんだよね。
さらに、頭の中が整理出来ていないということは、自分がどのように「今」を生きているか、その立ち位置が分からないと思うんだけど。
それにToDoリストがないと、優先順位もつけられず、日々生きている中で何を優先すべきか分からなくなると思うんだけど。
・・・ちょっと言い過ぎかな。

だから、例えば仕事上なら、誰かから「これ頼む」という咄嗟な申し出をされても、大抵は入れ込むことができる。

この、咄嗟にモノを頼む人って、他人が置かれている状況が理解できない&計画性が無い頭が悪い人ばかりなので、僕はバカをあやすように大抵のことは引き受ける
・・・これも言い過ぎかw ま、今日は週末だから大目に見てよw

そして、そのToDoリストに「やること」が沢山並んでいると、何だか充実した気分になる。
で、そのToDoリストに従って「やること」をこなしていくわけだ。

「やること」はカンタン。
その落とし穴

そんなToDoリストに従って行動すれば、大抵の仕事はこなすことができるんだけど、欠点もある。
というのは、これって、あまりにも計画性がありすぎて、行動が硬直的になることがあるんだよね。
僕の行動って、こんな感じで、ある程度ソロバンずくなので、そこを崩されるとチョット「もろい」ところがある。

要は、前述のToDoリストそのものが意味を成さないという時があるということだ。

自分のプライベートって、かなりコントロールというのは効くモノだ。
一方で、仕事、とりわけ僕らサラリーマンの場合は、色んなしがらみの中で、自分の意思ではどうにも「動かざるを得ない」ことがあるし、「動くことができない」ときもある。
つまり、組織という枠組みの中で生きているので、自分をうまくコントロールできない時があるということだ。

そんな状況に陥ると、僕は途方に暮れてしまう時が時々ある。

そんな時は、落ち着いて、「何もやらない」という選択もアリだと思う。
でも、生来の貧乏性なので、僕は「やらない」ことが何よりも嫌いなのだ。
それは停滞を生むと考えるからだ。

「やらない」こと・・・僕にとってはいちばん難しいことだ。

そんな落とし穴に入り込まないように、のらりくらりと、日々生きています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!

能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト

関連記事

  1. 後出しジャンケンはカッコ悪い
  2. 金沢、香林坊ノスタルジア
  3. 夢とグチと
  4. 飲み友達、その近さと遠さ
  5. 文武両道と高校時代の屈辱的光景・・・ってかヒガミですがwww【生…
  6. Back to school 笑
  7. 老境か?キレイなモノを素直にキレイに思うように
  8. 真夜中は別の顔?

時系列別記事リスト

投稿カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

能戸淳のぐるなび

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

能戸淳のブクログ


Amazon情報

Firefox for Fire TV

新品価格
¥0から
(2018/1/8 18:21時点)

能戸淳のTwitter

能戸淳の動画ブログ

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 159現在の記事:
  • 802297総閲覧数:
  • 188今日の閲覧数:
  • 259昨日の閲覧数:
  • 2090先週の閲覧数:
  • 7100月別閲覧数:
  • 178一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年6月2日カウント開始日:

最新記事

ZenBack

能戸淳のPinterst

PAGE TOP