随想

不満は尽きないもの

IMG_7808
僕は、昔からどの会社でも孤軍奮闘系のポジションにいる。
今でもそうだ。

だから、どの会社でも僕の同僚だった人と呑むと、僕が「具体的に何の仕事をしているのかナゾだった」と未だに言われる。
っていうか、僕はそのようなポジションを好んでいて、そのようなポジションの仕事を創り出すことさえしていた。
あ、「パーキンソンの第一法則」的なムダな仕事は創ってないよ。
こんな話をすると、これを持ち出すバカが良くいるんだよね。

大部分の人が忙しくしている時にふらっと定時に帰ったり、大部分の人がヒマそうな時に逆に徹夜や休日出勤をしたりしているわけだ。

最近、そんなヒマモードだったんだけど、そろそろエンジン始動?ってな今日、思わず知らずちょいと呑んで、帰宅した。

で、そんな帰りの夜道で、とぼとぼと街を歩いていたら、コンビニが。
去年止めたはずのタバコに火をつけ(でも休日は一切吸う気がしないのだ。なぜ??)、息を吐き出すと、横で20代後半と思しきスーツにコート姿の若者二人が何か文句を垂れている。

僕は、そんな、自分に全く関係無い人の会話を聞くのが好きだ。
全く違う世界を垣間見ることが出来るからね。
逆に近しい人の話は、あまり耳に入れたくない。
何か、こう、人のEメールをのぞき見るようで、嫌な感じがするんだよね。
だから昔から人の会話の輪に入れないんだけど。

A「っていうかよー、だからアイツはどうしようもないんだよ」
B「でもさー、上司だからしょうが無いじゃん」
A「いや、ぜってー、ゆるせねー、アイツ!」(と言って、タバコを歩道に投げつける。あーあ、灰皿は目の前だぜ)
B「まぁ、待てよ。な、な」

僕は、タバコを灰皿に入れ、ニヤリとしながら歩き出した。
いつの時代も、どんな組織にいても、不満は尽きないものだな・・・。
そんなことを思いながら、歩いていたら、

「能戸さーん」

何年ぶりだろう、こんな奇跡。
大都会の何気ない街中で、かつての同僚に声を掛けられた。
実に数年ぶりに出会った。
ああ、こいつも、っていうか、こいつと、さっきの若者と同じように、不満を垂れあっていたな・・・。
言葉を2,3交わして別れ、「ふふっ、運がいいかも」と思ったが。
運はこっち↓↓↓で使うべきだと、家に帰って後悔した。
IMG_5661
ま、僕が宝クジを買うことはまずないし、いい一日だったかどうかも微妙だったね。

能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

関連記事

  1. 余力・・・か?
  2. バレンチノさんって一族なのw
  3. ムサビ
  4. さて、
  5. 累計30000ヒット突破
  6. 運転免許、更新完了(オチは無しw)
  7. 42歳、趣味は勉強【やべぇ、勉強面白いよ#1】
  8. ファイト・ケミカル・ジュース

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 349117総閲覧数:
  • 321今日の閲覧数:
  • 2904先週の閲覧数:
  • 9082月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

最新記事

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

PAGE TOP