生き方

「貧乏人は何をやってもダメ」なのか?


IMGP7920
かねてカゼを引いて病院に行って薬を貰っていたものの、ズルズルと「咳」「のど&耳の痛み」「鼻水」が続いて体調最悪&気分も最悪な毎日だった。
今日は朝から「熱」が出て、いよいよつらくなり、正午近くで会社を早退した。
で、一眠りしたらウソのように熱が無くカゼの諸症状が、「のどの痛み」以外は大体直っている。ヤッター、イエイ!と、いうことでブログを書いているわけ。
でも、明日起きたらまたぶり返していたりして。

そんな話はさておき、今日はとても悲しいニュースを観た。
「マウント・ゴックス」じゃないよ。

なんてこった!

27日午前6時半ごろ、千葉県浦安市北栄のスーパーマーケット駐車場で、東京都江戸川区西一之江の無職、関初枝さん(82)が、夫が運転するバックしてきたワゴン車にはねられ、胸などを強く打って搬送先の病院で死亡した。
引用元: 車誘導中の妻ひかれ死亡 運転の82歳夫を逮捕 千葉・浦安 – MSN産経ニュース.

80歳を過ぎた夫婦がだよ。
スーパーで廃棄段ボールを回収してたって、これ、明らかに貧しい夫婦だよ。
好きで段ボール回収をする人なんて居るかっていうの!
年金、っていうかサラリーマンじゃなかったら、公的年金なんて夫婦2人で最高でも13万円ぐらいだぜ。
夫が逮捕っていうけど、わざとなハズが無いわけでさ。
逮捕した刑事も手錠をかけながら、恐らくは同情しただろうよ。

なんてこった、「貧乏人は何をやってもダメ、か・・・」とひとり呟いた瞬間、それをかつて身近な人から聞いたことを思い出した。
その身近な人は、僕の母だ

「貧乏人は何をやってもダメなんだよね・・・」

僕の母は幼い頃から貧しかったという。
そして、母は大人になっても貧しかった。
母は父と離婚し、一時、僕が中学生の頃には生活保護を受けていた。
母方についた僕はそんな母を見て、母は「何が楽しみで生きているのだろうか?」と思ったものだ。
そんな中、高校時代に僕の成績が急上昇した。
母は喜んでくれた。
近しい親族で大学になんて誰も行ったことも無いという、母にとっては、本当に嬉しかったのだと思う。
模試の成績は現役時でも志望校A判定、自分自身も間違い無いと思った。
しかし、現役時代、僕は志望校のみ受験して、それに落ちてしまったのだ。
僕がショックであると同時に、母はよりショックを受けたようだった。
その時に言った言葉が、

「貧乏人は何をやってもダメなんだよね・・・」

というものだった。
僕はその言葉を聞いて改めて落ち込んだ。

充実したセカンドライフか・・・

結局、今の僕自身は超貧乏から何とか脱却した感じだ。
「貧乏人は何をやってもダメ」というのは違うと言える。
ちゃんとした手順を踏めばそうはならないのだ。

しかし、冒頭の夫婦のように80歳を超えていればどうだろう。
その頃には人口減少も手伝って、公的年金の仕組みはヤバいだろう。
結局、自分の手金が必要になるわけだよね。
ライフプランの啓発本を見ると必ずと言っていいほど、

充実したセカンドライフを過ごすには、〇〇万円ぐらいかかる(良くあるのは生命保険文化センターの数字ね)。
公的年金もアテに出来ない。
だから貯蓄なり投資なりをすべきだ。

のような記述がある。

ごもっともです。
でも、種銭が無ければ、貯蓄も投資も出来ないよね。
その種銭はどこから出るのだろうか。
若いうちは勤め人だったら、「入」は少ないのに遊びで金の「出」が大きい一方、でも中年でも子育てやらで金は出る一方だ。
どうすればいいんだろう。
それは、出る以上の収入を増やすしかないよね。

「真っ当に生きれば」大丈夫。でも・・・

結局それには、自分に投資し続けるしかないんだよね。
つまり、仕事を目一杯して、かつ、その裏付けとなるお勉強は欠かさない。
それを続ければサラリーマンなら、浪費をしない限り、老人になっても生命保険文化センターの数字ぐらいはイケるだろう。
要は「真っ当に生きる」ということでさ。

そう考えると、冒頭の夫婦はどうしてこうなってしまったのだろうか。
勝手な想像だけど、サラリーマンだったならば、人生計画を上手く立てられなかったのだろうか。
それともちょっと浪費しすぎてしまったのだろうか。

またまた勝手な想像だけど、それとも起業という「賭け」に出て失敗したのか。
・・・この起業という「賭け」は中年真っ只中の僕にとっても未だ魅力的なものだけれど。

唐突だけど、ぶっちゃけ起業しないと、ビッグマネーなんてのはつかめない。
でも起業は一か八かの世界。ある程度成功しないと、歳をくった時に金が手元に無いっていうこともある。
特に中年以上の起業は慎重にならざるを得ない。リカバリーがとてもしにくいからだ。

この先、賭けに出るか否か分からないけど、少なくとも子供には
「貧乏人は何をやってもダメ」
とは思わせたくないし、自分が80歳の時には貧乏と感じたくないな・・・。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!


能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

関連記事

  1. 子供と株式投資
  2. 技能習得と読書のアツい夏休み
  3. 遠慮は貧乏のはじまり(「謙虚」とは#1)
  4. 真夜中は別の顔?
  5. 飲み友達、その近さと遠さ
  6. 俺とは違う小学生の子供と「流星ひとつ」
  7. 「他人の人生」を生きない
  8. 選挙と生き様、そして僕はw

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,596人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 371329総閲覧数:
  • 40今日の閲覧数:
  • 2812先週の閲覧数:
  • 8153月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

最新記事

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

PAGE TOP