クレーム

自己防衛する組織といかに闘うか?#1

カゼがずっと治まらず、今日もとても具合の悪い一日だった。
僕は中学生の頃からカゼを引きやすく、高校受験の時も38度以上の熱を出しながら受験したぐらいだ。
ここ一週間ほど僕自身の業務が繁忙でないことが救いなんだけどね。
当然昨日もそうで、早く寝るはずが咳が止まらず寝付けず、日本テレビ深夜放送の「NNNドキュメント」を観た。
IMG_5625
内容の概略はこんな感じだ。

所属する組織の不正を知ってしまった男が、正義の遂行のため立ち上がった。いじめによる隊員の自殺で自衛隊の責任が問われている裁判。
引用元: NNNドキュメント – Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表].

要は、自衛隊が、いじめが原因で亡くなった隊員に関する組織内調査(アンケート)の存在を隠蔽し、裁判を有利に進めていたというのだ。

動きが遅すぎる「憲兵」たち

軍隊(自衛隊は事実上軍隊ですよね)における、「いじめ」は昔からあるものだ。
かの映画「地上より永遠に」でも描かれていたように。
というか、組織だった集団、例えば学校や会社、警察に及ぶまでどんな組織においても「いじめ」は存在する。
僕は、「いじめ」について「無くそう」とか「無くならないものだ」だの、そんな眠たい議論をここで云々言うつもりはない。
問題は、その当事者である、仕掛けたカスのようなヤツをどう罰するかということ、だ。

一方で、どんな組織内でも、そのようないじめを仕掛けたヤツを罰する仕組みは確立されていないのが正直なところだろう。
これまでいた会社でも、そのような「パワハラ」やら「セクハラ」やら気が狂ったいじめを仕掛けるバカは多数存在したわけなんだよね。
僕も似たようなことを受けたことがあるしね。僕の場合、表から裏から復讐はキッチリ実行したけどさ。

僕の関係者がこのブログを見ていたら意外と思うかも知れないけど、僕はヤラれたら、恨みは絶対に忘れない(忘れたフリをするけど)。
かつどんなに時間が経っても復讐は実行するんだよね。何しろ昔から精緻に一日の記録をつけるタイプだしね。
暴言なんか吐かれたらキッチリ手帳に記入して、その日の内にEvernoteに入力して検索できるようにしています。
ハッキリ言って、冗談が通じない「エセ爽やかさん」ですw
で、その復讐の仕方は例えるなら、銃弾をぶち込んで相手が死んでも、その死んだ体に自分の気が済むまで銃弾を撃ち続けるようなしつこいものなのだ。

しかしだ。
そういうことが出来ないヤツも居るのだ。
そういう人を守るはずの、会社内の「憲兵」たる人事部やそれに相当する部署の動きが遅すぎるのだ。

どうして対応が遅いのだろうか?

日本の社会で言えば、組織内で解決できなければ、究極的に罰するか否かを判断するのが裁判だ。
そこに行き着くと、いじめを仕掛けたバカに逃げるスキを与えてしまう
それに被害者の方にも相当の負担がかかる。

だから、組織内での問題である内に早期に消火すべきなんだよね。
繰り返し言う。

どうして対応が遅いのだろうか?

この問題は、深い問題なので、何回かに分けて持論を展開したい。

能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

関連記事

  1. キケンな老人
  2. 今日のヤレヤレ
  3. 綺麗な服着てねぇ
  4. インチキ野郎に騙されるなw
  5. スペースの取り方とキレ
  6. キセル乗車多数、日本人終わってるじゃん
  7. 「ふさわしい」とは何だ!
  8. 今日のやれやれ

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 347935総閲覧数:
  • 390今日の閲覧数:
  • 2846先週の閲覧数:
  • 7900月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

最新記事

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

PAGE TOP