ニュース・時事問題

都知事選挙と消去法


都知事選挙、趨勢が決まったようだね。

「舛添要一氏当選確実」がテレビで報じられると、新宿区の事務所では一斉に拍手と歓声がわき上がった。
引用元: <都知事選>舛添氏「みなさんのおかげ」 笑みを浮かべ (毎日新聞) – Yahoo!ニュース.

当然、僕も投票所に足を運んだんだけど、投票所で名前を書くときにずらりと並んだ名前が圧巻だった。
その数、実に16人。

こういう方々に誰が投票するんだよ・・・

ポストに投函される、この選挙公報にも目を通したりもしたんだけど、
IMG_5506
読んでいて、「それってマジかよ?」と思う方々も少なくなかった。
でも、意外に細川・舛添・田母神・宇都宮という「ビッグ4」以外のいわゆる泡沫候補の方も、今回こそは、実はビックリするような主張を持っているかも知れない。
そんな思いで、WEBページや新聞雑誌で色々調べてみたんだけど・・・。
でもさぁ、みんなこんな調子なんだよね。

とかさぁ、

「どうせ当選しないんだから! 東京は全国の注目が集まる。とにかく怒りを表したい!」
引用元: 【東京都知事選】新聞・テレビが伝えない12人の立候補者に迫る「酒向英一」「松山親憲」「金子博」 – 週刊プレイボーイのニュースサイト – 週プレNEWS.

とかなんだよね。
今回も泡沫はやはり泡沫だった。
どうして、ビッグな政党以外の推薦を受けた人以外にはマトモな人がいないのだ?
こういう方々に誰が投票するんだよ・・・。

消去法とお祭り

結局、僕は当たり前にビッグ4のうちの一人に投票したんだけどね。
でも、それはあくまで消去法でしかなかった。
何だろう、未来を「託したい」人がいないんだよね。

この「託す」というのは僕の世界観で、本来は政治は直接民主制でやるべきなんだけど、ぶっちゃけ仕事があってそんなヒマがない。
だから、政治のプロフェッショナルに政治を代行してもらうという意味で「託す」としている。いずれ、情報技術の進展で疑似直接民主制というのは不可能ではなくなるんじゃないかなと思ったりも。

で、一番失点が少なさそうな人に消去法で投票したってわけ。
「消去法」なんて、最悪も最悪、だって学校のテストに置き換えてみなよ。
分かんないから、何でもイイってことなんだからさ。
こんな投票をする度に「あれれ、大人ってこんなだったっけ?」と思うんだけど、考えようによっちゃ、選挙って単なる「お祭り」として捉えるのが正解かもね。
普通の勤め人にとっては、誰が議員や首長になろうと、そうそうドラスティックに地域が国が変わるイメージも持てないし、極論を言えば利権でも絡まなきゃ有権者も本気にならないだろうし。
だって、そう思わなきゃ理解できないよ。
こういう皆さんばかりが登場するんだからさ。

僕?僕の出番はもうちょっと後で。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!


能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

関連記事

  1. 女性の社会進出が少子化の原因じゃないって。男もやりたいことがあり…
  2. 「見抜けなかった」人たちの罪
  3. 最前線or指揮官、どっちが死線を彷徨ったのか?
  4. ベネッセ事件、賑わう業界と仕事
  5. 教師は聖職者じゃない。中村雅俊とか金八はいない。基本自分の身(子…
  6. 「何が」じゃなくて「誰が」が重要だったり
  7. ザ・老害
  8. この論争に、俺も一言

時系列別記事リスト

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,596人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 395759総閲覧数:
  • 245今日の閲覧数:
  • 3041先週の閲覧数:
  • 7592月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

最新記事

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

PAGE TOP