「何が」じゃなくて「誰が」が重要だったり

ニュース・時事問題

IMG_7780

トムとパラマウント映画が、同作が著作権侵害にあたるとして10億ドル(約1,013億円)の慰謝料を求めて、1998年に同作と同様の内容のオリジナルの脚本を書き上げ、著作権登録をしていたと主張する、脚本家のティモシー・パトリック・マクラナハンから訴えられている。
引用元: トム・クルーズ主演『ミッション:インポッシブル』に盗作疑惑 (cinemacafe.net) – Yahoo!ニュース.

この手の著作権侵害に関する裁判って本当に多いよね。
例えば、日本では、こんな裁判もあったよね。

槇原さんがせりふを知っていたとは認められず、歌詞が似ているからといって、せりふに依拠したとは断定できない。
引用元: 槇原敬之 松本零士氏に勝訴、歌詞問題(2)/芸能速報/デイリースポーツ online.

これもそうだけど、こんなことが言えるんじゃないかな。

その企画、俺が言ったのと同じじゃん!

こんなこと、仕事で良くありがちだよね。
これは僕の場合ね。

とある企画で著名人を起用することに。
で、僕が挙げた人は企画の意図に合わないと却下。
でも、別の同僚が挙げた人は、僕が挙げた人と同じなのに「それいいねぇ」となり採用。
理由も同じだというのにだ。
腹が立ったが、飲みに行って忘れることにした。

「何が」じゃなくて、
「誰が」「誰による」が重要だったり

こんな感じで、重要なのは「何が」じゃなくて、「誰が」「誰による」ということが往々にして世の中にはあるんだよね。
ちょい意味合いが違うけど、このトムの裁判も、「何が」じゃなくて、「誰による」が重要な例だと思う。
トムが制作に関わり、かつ主演もしているから、「ミッション・インポッシブル」はウケたのだ。
これが、例えば、このティモシーさんという人がどこかに、例えば日本に脚本を持ち込んで、日本で制作されて、主演が竹野内豊だったらウケないわけだ。
トムが動くからこそ、パラマウントも動き、お客も動くのだ。
槇原敬之氏と松本零士氏の係争も、似ていたフレーズが槇原敬之氏がケミストリー(懐かしいね)に提供したからこそウケたわけで。
松本零士氏がケミストリーに歌詞を提供しても良い曲はつかないし、売れなかっただろう。

まぁ、そんなこんなで世の中は理不尽な事が多いよね。
だからこそ、ある意味楽しかったりするんだけど。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!

能戸 淳

能戸 淳

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、ですがその匂いが全く感じられないといわれます。 2021年からブログを雑記から「食事」「ガジェット」「お出かけと旅」「写真と動画」「あの日、あの時」「仕事」に絞り込んだ内容にし、それ以外は独立したサイトやSNSに順次分離します。

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

能戸 淳

能戸 淳

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、ですがその匂いが全く感じられないといわれます。 2021年からブログ内容を雑記から「食事」「旅」「映像」「音楽」「資格取得」「生き方」に絞り込んだ内容にします。

最近の記事
  1. 「極道の代紋 レジェンド」とうとう白竜様演じる津浪が再始動

  2. 母校から・・・

  3. IQOS 3MULTI、デザインも良くてイイね!

Twitter でフォロー

Count per Day

  • 86現在の記事:
  • 846149総閲覧数:
  • 173今日の閲覧数:
  • 221昨日の閲覧数:
  • 1497先週の閲覧数:
  • 1328月別閲覧数:
  • 510728総訪問者数:
  • 138今日の訪問者数:
  • 160昨日の訪問者数:
  • 1078先週の訪問者数:
  • 936月別訪問者数:
  • 134一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年6月2日カウント開始日:

今後のイベント

今後のイベントはありません

TOP