僕は君とは友だちじゃないぜ。

クレーム

こう街を歩いて、ふと何かのお店に入る。
そうすると、いわゆるタメ語に近いトークで話してくる店員がいたりする。
僕はいつも思う。
「僕と君とは友だちじゃないぜ」って。
僕は断言する。
その手の店は確実にヘボい(仕事ができない)。
フレンドリーさは場合によっては心地良いが、大抵はヘボさを生むんだよね。

一事が万事

そういうお客さまにタメ語に近いトークで話しかける社員がいるような店は、社員同士がお客さまの前で、くっちゃべっている場合が多いんだよね。
フレンドリーな関係で仕事がしやすいと言えばそうかも知れないけど、度が過ぎた職場でのフレンドリーさ、まさにこの、お客さんを目の前にして店員同士しゃべっているのって見た目にもどうよって思う。
つまり、その社員は自分がどのようにお客さまに見られているかという感性が欠如している、いわば不感症なのだ
この対顧客への不感症はビジネスマンとして致命的だ。

今日昼飯時に入ったお店もそうだったんだよね。
案の定、お水は出していない、しょうゆ差しが出ていないという状態だった。
何て言うか、「一事が万事」の世界なんだよね。
まぁ、今日のそのお店に限らずそういうことは数知れずあったけどさ。
何となくだけど、想像できるよね、この相関ってさ。

アメリカ的なものへの憧れが生んだのか?

例えばアップルストア。
Apple
僕はアップルの製品が大好きで、ジョブズの本は日米で出版されているもののかなりの数に目を通している。
ハッキリ言って、マニアだ。
でも日本のアップルストアは大っ嫌いなのだ。
特にあのジーニアスバーではない、売り子みたいな連中がいる、商品が並んでいるスペースだ。
あれほど、言葉遣いや礼儀がなっていないところはないと思う。
マジであの連中と話すとゲロが出そうだ。
何か聞くと、薄気味悪いフレンドリーさで返してくるが、その態度がまさに冒頭の、「僕は君とは友だちじゃないぜ」だ。
で、案の定、客が離れると店員同士で仕事以外の事をくっちゃべっていたりするのだ。
何て言うか、日本のアップルストアって、
作られたモノ臭がするんだよね。
無理矢理、昔の日本人が憧れたようなアメリカ的な作られたフレンドリーさがプンプンしてさ。
Hi,Tom!・・・みたいな。
ジョブズ研究家の端くれとして言わせてもらえば、日本のアップルストアはジョブズ的な世界とは、最もかけ離れているような気がするんだけどね。

とここまで書いて、気づいたらこんな時間。
オヤジは今日も、世の中の気に入らないことをぶつくさ呟くのでしたw

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!

能戸 淳

能戸 淳

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、ですがその匂いが全く感じられないといわれます。 2021年からブログを雑記から「食事」「ガジェット」「お出かけと旅」「写真と動画」「あの日、あの時」「仕事」に絞り込んだ内容にし、それ以外は独立したサイトやSNSに順次分離します。

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

能戸 淳

能戸 淳

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、ですがその匂いが全く感じられないといわれます。 2021年からブログ内容を雑記から「食事」「旅」「映像」「音楽」「資格取得」「生き方」に絞り込んだ内容にします。

最近の記事
  1. 「極道の代紋 レジェンド」とうとう白竜様演じる津浪が再始動

  2. 母校から・・・

  3. IQOS 3MULTI、デザインも良くてイイね!

Twitter でフォロー

Count per Day

  • 107現在の記事:
  • 846373総閲覧数:
  • 54今日の閲覧数:
  • 169昨日の閲覧数:
  • 1399先週の閲覧数:
  • 1552月別閲覧数:
  • 510930総訪問者数:
  • 51今日の訪問者数:
  • 150昨日の訪問者数:
  • 1017先週の訪問者数:
  • 1138月別訪問者数:
  • 138一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年6月2日カウント開始日:

今後のイベント

今後のイベントはありません

TOP