生き方

寒いからこそ身にしみる人の暖かさ

冬の知床ウトロ Shiretoko, Winter

4日午後は、非常に強い寒気により関東の平野部でも雪となった。
引用元: 関東の雪は峠越す 朝は路面凍結に警戒 (ウェザーマップ) – Yahoo!ニュース

ということで、今日はめちゃくちゃ寒かったな。
雪が降ると、とにかく電車が遅れるのが嫌だね。
っていうか、北海道出身の僕にとっては、雪と言えば社会人1,2年目を過ごした旭川での銀行員時代を思い出す。
あれはキツかったな〜。
何がキツかったかというと、
氷点下15度前後の気温の中、お客さんへの外回りで雪まみれになりながら自転車を漕ぐことね。

「さぶ〜」激寒の中の自転車営業

ホント、あの時乗っていた自転車のタイヤが、何と「スパイクタイヤ」だったんだよね。
あれは、北海道出身の僕も始めて見たね。
そんな自転車を押しながら(乗ったら転倒しちまう!)、氷点下十何度の中をウロウロしているとマジで凍死しそうになるわけ。
となると、嫌が上にもお客さんのところを訪問せざるを得なくなるんだよね。
外回り担当は、支店に居ると「さっさと外に回って営業せい!」とドヤされて、朝一番からお昼まで支店の中に居られない。
さらに、お昼からノルマの見通しがつくまで、支店にも帰れないわけ。
だからといって、喫茶店なんぞに入ってサボってばかりいるとノルマの見通しも立たないし、第一当時は喫茶店に入るカネもなかった
なので、法人個人問わず、駆けずり回るように1日中やたらとお客さんの所を訪問していた。

寒いからこそ身にしみる人の暖かさ

なので、用も無いのに押しかけるようにお客さんの家や会社に訪問することも少なくなかった。
そこでは、大抵、お客さんから「寒いのに大変だね、さ、お茶でも飲みなさいよ」と、お茶やお茶うけを頂いていた。
あれは本当に有り難かったな〜。
実際、僕も凍死寸前かという状態だったので、感謝の言葉もマジそのものだ。
そういうコミュニケーションも一つのきっかけとなって、大口預金をして頂いたりしていたものでさ。

でも、今、逆の立場だったら、僕はそんな暖かい言葉や行動をおこすことが出来るのだろうか。
時々そんなことを思う。
今の僕は、あのイノセントだった社会人1、2年目の心から随分かけ離れてしまっているような気がしてならない。
要は、スレている、荒んでいる、汚れているということだ。

あの皆さんが僕にしてくれた、寒い時にしてくれた優しい行動、言い換えれば、誰かが困っている時に手を差し伸べる優しさ。
そんな心だけは忘れちゃいけないね。

能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

関連記事

  1. 「他人の人生」を生きない
  2. ビッグボーイで決意新たに(?)
  3. 人生って意外に短いよ!!
  4. 生きているのか?生かされているのか?
  5. 金沢、香林坊ノスタルジア
  6. 圧倒的な敗北感を味わう時
  7. 遠慮は貧乏のはじまり(「謙虚」とは#1)
  8. 俺とは違う小学生の子供と「流星ひとつ」

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 349890総閲覧数:
  • 128今日の閲覧数:
  • 2692先週の閲覧数:
  • 9855月別閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数:

最新記事

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

PAGE TOP