読書とブックレビュー

壮大で暑苦しいのはウケないのかね・・・

2,3ヶ月前に、近くにあるゲオで1冊100円、20冊なら何と1000円で、マンガが借りられることに気づいた。
っていうか、結構前からやっているようだけど。
ここ10年くらいマンガは殆ど読んでいなかったので、最近どんなマンガがウケているのか?
そんな興味もあって、ベストセラーと言われるものを中心に、「第1巻」ばかり借りて読んでいる。

いやー、どれも面白いね!

例えばこれ。
[amazonjs asin=”B009KWU90U” locale=”JP” title=”のだめカンタービレ(1)”]
ホントに面白いね。
映画化されたのは知っていたけどさ。
そして、これ。
[amazonjs asin=”B009TJSAJG” locale=”JP” title=”アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス)”]
何とも厭世的な・・・でも何か共感するんだよね。
他にも、「ワンピース」(ホントに2ヶ月前までチラリとも読んだことがなかった!)とか「闇金ウシジマくん」とか、開く度に引き込まれる。
いやー、この面白さはもはや麻薬に近いね。

でも、ふと気づいたんよ、そのヌルさに

でも、何というか「ビリビリ」来ないんだよね。
体に電流が走るような「ビリビリ」感がさ。
刺激が無い、ぬるま湯に浸かっている感じで、ヌルいんだよね。

ビリビリ来るヤツって?
それは、例えば、こういうものだったり。
IMG_5378
[amazonjs asin=”4537101245″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”野望の王国完全版 1 (ニチブンコミックス)”]
この「野望の王国」は、東大生二人が日本を暴力で征服するというトンデモナイ話だ。
警察官僚、広域暴力団幹部、新興宗教の教祖が入り乱れ、川崎が火の海になるという勢いだ。
※このマンガは僕のYouTubeの中で紹介しています。

それとか、こんな絵とかさ。
IMG_5375
[amazonjs asin=”4091841384″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”オデッセイ 1 (ビッグコミックススペシャル)”]
この「オデッセイ」は若手官僚たちが日本乗っ取りを謀る話で。
絵が何というか、とてつもなくマジだ。

等身大の人か、壮大な夢か

僕がこの2ヶ月ほど、最近10年間ほどのマンガを読んでふと思ったことは、等身大の人間ばかり描かれているってこと。
そこにはビックリするような超人、つまりぶっ飛んだヤツが出てこないんだよね。
ぶっ飛んだヤツよりは、その辺の身近にいそうな人。
性悪な悪人よりは、人が良い人。
バカと周りに言われながらやり抜く人ではなく、バカと言われ続けながら小さな幸せを掴む人。
僕はそのどちらも好きだ。
でも、ダイナミズムというか、壮大な夢を語る人物が今のマンガには登場してこない、このこと自体が何というか日本の社会の鏡に思えるんだよね。
今の日本人(マンガは何も若者だけが見るものじゃない)にダイナミズムが無いことが、マンガに表れているのか。
マンガにダイナミズムが無い人ばかり出てくるから、日本人に影響しているのか。
どちらか分からないし、懐古主義にも浸ることはない僕だけど、マンガの中にもっと壮大な夢を語る主人公、つまりデッカいバカが出てくるマンガがバンバン出てもいいんじゃない?
それがきっかけで日本が変わったりしてさ。

紀里谷和明さん(僕の好きな映像作家。あと宇多田ヒカルさんの元夫ね)が上に挙げた「オデッセイ」第一巻に載せていた寄稿文で、面白いことを言っていた。
この方はマンガについては、「のび太嫌い」論争(?)でも有名だ。
この方はその文章の中で、小学生に上がるか上がらないかの時に「ドラえもん」の代わりに、「ドーベルマン刑事」に熱中していたという。
[amazonjs asin=”4086176718″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ドーベルマン刑事 1 (集英社文庫―コミック版)”]
で、そんなとんでもないのに熱中したいたから「ドラえもん」はかったるく思えたそうだ。
そんな紀里谷さんはとにかくアツい人だ。
そんなアツい性格の形成に、「ドーベルマン刑事」も一役買ったかもね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!

能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト

関連記事

  1. 「職なし」「金なし」「女なし」な主人公による名言の宝庫!(「独身…
  2. 思い出すよね、誰にでも一人はいる「あのひと」を。その思い出す理由…
  3. 磊落人生
  4. また閉館で無駄足
  5. 「元ヤン1」(山本 隆一郎 著)準主人公の「過去」との決別の仕方…
  6. あらためてスゴイよ、日本のマンガーーー「オンナミチ」と「いぬやし…
  7. 「東大から刑務所へ」ホリエモンと大王製紙井川氏の掛け合いトークに…
  8. 自己批判ともとれる石原氏の「潔い勇気」と「器の大きさ」:石原慎太…

時系列別記事リスト

投稿カレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

Firefox for Fire TV

新品価格
¥0から
(2018/1/8 18:21時点)

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 84現在の記事:
  • 570865総閲覧数:
  • 206今日の閲覧数:
  • 258昨日の閲覧数:
  • 2065先週の閲覧数:
  • 7086月別閲覧数:
  • 190一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年6月2日カウント開始日:

最新記事

能戸淳のPinterst

PAGE TOP