生き方

「他人の人生」を生きない

20140117-115915.jpg
最近、それほど親しいという程では無かったが、二言三言話すような間柄の方が亡くなった。

僕よりはずっと年上だが、人生まだこれからの年齢だ。
正直言って、仕事が手に付かない。

その、死の瞬間、その方は何を想いながら亡くなっていったのだろうか。
僕は誰かが亡くなった時、その事を真っ先に思う。

死は人生の総決算

僕は、「死は人生の総決算」と考えている。
楽しいこと、辛いこと、やり遂げたこと、出来なかったこと、大切な人は今後どうなるか、そのために何をしてすべきだったのか、等々。
その決算の「感情科目」は沢山あってまだ整理できていないが、とにかく毎日、その総決算に向かって日々生きている。

他人の人生を生きない

その人生の総決算に向けて、満足した成績を挙げるにはどうしたら良いものだろうか。
余りにも定性的だけど、僕の基準はこうだ。

Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life.

敬愛するスティーブ・ジョブズさんによる2005年スタンフォード大学卒業式のスピーチ中の、余りにも有名なフレーズだ。
2006年に、友人からこの言葉を教えてもらって以来、僕は他人に迎合することを止めた。
正確に言えば、仕事を進めたり、人間関係を円滑にする上では、「迎合」も一つのテクニックで重要なものだけど、ハラの中では、絶対に「他人の人生」を生きない。
だから、僕は説得らしきものを受けることはない。
それに近いシチュエーションに立たされそうになると、察知して先回りするからだ。
意図的にダメ人間と化す時もあったりする。
なるべく自分の求めるべき方向性にそれとなく、わからないように誘導するのだ。
我ながらイヤらしいとも思うが、それも一つの生きる術だと思う。

能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

関連記事

  1. 「若さ」ねぇ・・・
  2. 圧倒的な敗北感を味わう時
  3. 実るほど頭を垂れる稲穂かな
  4. カワイイがモノを言う!
  5. 後出しジャンケンはカッコ悪い
  6. ビッグボーイで決意新たに(?)
  7. 時の流れか?それとも俺が?
  8. 金沢、香林坊ノスタルジア

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 349890総閲覧数:
  • 128今日の閲覧数:
  • 2692先週の閲覧数:
  • 9855月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

最新記事

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

PAGE TOP