悩ましい。MFTか、フルか。

【カメラレビュー】

僕はカメラを極めようと思ってる。

で、色々考えた結果、マイクロフォーサーズ(以下、MFT)でシステムを組もうと思ったわけ。

でもね。

秋葉原の夜の街をフルサイズ(ソニーα7Ⅱ+アダプター噛ませた撒き餌レンズEF50 F1.8 STM)をRAWで撮って家に帰ってLightroomに落として見ると、

フルサイズで撮った画。見ての通り秋葉原電気街。
ほぼ同条件で撮ったMFT(M.Zuiko 25 F1.8)とは出てくる画が全然違くて愕然とした。

・・・やっぱりフルサイズ、か。
僕はアラフィフからだけど写真を極めたいと思っている。
だから妥協はしたくないんだよね。

ということで、シャッター音が素敵で動画マシンとしては良いけど、重くて写真として出てくる画がどうも良くないMFTのパナGH4は売っぱらう。

で、問題は、オリE-M1と神レンズ12-40 F2.8 Proは当分残す方向にするかだ。出てくる画はフルサイズに及ばないもの手にズシっとくる金属感がたまらなくセクシー・・・でも、それほど使わないならこれも売ってモデル代に充てたいんだよね。

でもでも、MFTは、レンズの安さ、軽さ、AFの速さ、望遠の強さ(フルの倍)があって捨てがたい。特に僕が気に入っているオリのE-M1の初代はマニアックな設定や便利機能があって撮る楽しみを満喫できる。

例えば✕2のデジタルテレコンはワンタッチで設定できるので単焦点レンズでも2種類の画角を選べるのでサクサクと画を決めることが出来る。特にM.Zuiko 25 F1.8との組み合わせはホントに素晴らしい!

それとも、完全に手に馴染む道具として、ポートレートも風景もα7Ⅱとマウントアダプター運用でフルサイズに集中するか(フルサイズはとにかくレンズが高い!)。

ホント、悩ましい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!

能戸 淳

能戸 淳

北海道出身、金融界周辺に漂い二十数年、ですがその匂いが全く感じられないといわれます。 2021年からブログを雑記から「食事」「ガジェット」「お出かけと旅」「写真と動画」「あの日、あの時」「仕事」に絞り込んだ内容にし、それ以外は独立したサイトやSNSに順次分離します。

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

能戸 淳

能戸 淳

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、ですがその匂いが全く感じられないといわれます。 2021年からブログ内容を雑記から「食事」「旅」「映像」「音楽」「資格取得」「生き方」に絞り込んだ内容にします。

最近の記事
  1. 36.0℃ですw

  2. 本格禁煙、開幕w

  3. バナナ豆乳を飲む

Twitter でフォロー

Count per Day

  • 51現在の記事:
  • 856919総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:
  • 190昨日の閲覧数:
  • 1284先週の閲覧数:
  • 4797月別閲覧数:
  • 519016総訪問者数:
  • 18今日の訪問者数:
  • 134昨日の訪問者数:
  • 899先週の訪問者数:
  • 3666月別訪問者数:
  • 126一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2013年6月2日カウント開始日:

今後のイベント

今後のイベントはありません

TOP