お仕事

ハッキリ言おう1「経験」とは


20131212-113533.jpg

俺、今月で41歳になった。

その長いようで短い人生の中で、色んな人と仕事を一緒に、もしくは仕事で関わったり、私的に取材してお話を聞いたりしてきた。

そこで良く思うことは、仕事上での「経験」という言葉の意味だ。

結論から言うと、経験は絶対に「時間」ではないということだ。
本当にこの手合いの連中が多い。
「私はこの○○という仕事を○年間やってきまして・・・」
この言い方をするヤツは間違いなく仕事が出来なかった。

逆に経験とは、「距離」だ。つまりどれだけ仕事で歩数を稼いできたかによると思う。
もっと言えば、同じ時間でどれだけ濃密に仕事をしてきたかだ。
これは言い換えれば、速度の公式に近い。時間対比で距離が進めば、速度が速い。そういうものだと思う。
つまり、その速度が早いと仕事が出来るということだ。
しかし、ここでその速度が一定でも、時間がより加わるとどうなるか。
質も量も極めてハイレベルな「凄いヤツ」になる。
分母である時間がメチャクチャ長い一方で、分子である距離がそれを遥かに上回るぐらい長いという「驚異的な」ヤツ。
表現は古いが「スーパーサイヤ人」だ。
時々、そんなヤツに出くわすことがあった。当然仕事ぶりはグレートだ。

俺は20代、いや10代であっても、そんなとんでもなくグレートな仕事ぶりをする奴と対面すると、素直に敬意を表する。「すごい○○
、すごいよ!」って。
そして、そのようなヤツは若いのにすでに「自分の哲学」を語るのだ。ビジネスマンなのに実践からかけ離れたお勉強「ばかり」をして、誰かから借りてきた言葉で語る「薄っぺらいヤツ」とは、その違いは歴然だ(でも勉強は重要です。この件は別途)。で、薄っぺらなやつほど語りたがるから厄介だw

一方で、30代、40代、50代でガッカリさせてくれる方々も少なくなかった。
俺は、少々損な性格をしていて、そういう方々と対面すると「自動的に」フレンドリーではなくなるのだ。そう、意識もしていないのに。昔の職場の同僚に「そんな態度だと、人生損するよ。結局会社は人間関係だから」とよく言われたものだ。

・・・そうなんだよな。この性格で色々な面で損してきたから。でも、俺は「世渡り上手」なんつー言葉は許容できない。吐き気がする。

でも、「経験している」というのはそんなことだと思う。

次回は、「勉強と仕事」。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!


能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

関連記事

  1. 出張帰り
  2. 台風とドトール
  3. 独占と競争が与える接客姿勢の違い
  4. 遅い昼メシ時に福が
  5. インスピレーション!
  6. 金ではなく
  7. さすがに疲れたかも
  8. 意味ある仕事とモチベーション

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,596人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 371329総閲覧数:
  • 40今日の閲覧数:
  • 2812先週の閲覧数:
  • 8153月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

最新記事

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

PAGE TOP