お仕事

未だ泥酔せず


20131204-225901.jpg

泥酔。

俺はそれをした記憶があまり無い。
あったのは、学生時代(これ、かなりあったな〜)と前職の親しい同僚と飲むとき、そして銀行員時代の最初の数回だけだ。
そして利害関係が無くなった、元同僚や学生時代の友人と飲むときだけ。

今日も親しいはず同僚と飲んだ。
が、自分を捨てられない。

で、顔はアルコールで赤くなるが、終始しっかりとした意識なのだ。

なんだろう、これ。
自分でも分かってる。
どこかで他人を疑っているからだ。
今日飲んだ方々はさておき、一般的に、残念ながら、よっぽどの確立した間柄では無い場合、大抵の人間は虚飾に満ちたトークをするからだ。
・・・経験即上、ある人のトークには「これ」、またある人のトークには「これ」という頻出のキーワード、
そしてこれが決定的なんだけれど、「前置き的な言葉」と「しぐさ」があって、
それが出てきた途端に分かってしまうんだよね。
それだと。

で、それに俺は返報する。
でも、なぜか申し訳なくなって、嘘はないものの、
無理矢理はっちゃけたトークをする。
でも、どこか破綻しないように計算している自分がいたりする。

それがますます申し訳ないんだよね。
一時はマジで泥酔体質になったが、ここ最近戻ってきているから、
ますますアルコールで脳が研ぎ澄まされ鋭敏さが増している。
気づくと、飲んでる相手の性質を値踏みしている自分がいる。

で、宇多田のFlavor of lifeを電車で今聴いて、やっと素直になっている。
これは、多分、マジでハラを割って話せる同僚が居ないからかもな。

純粋に仕事が好き。
茶坊主でない。
適度なジョークと笑い。
でも倒れる勢いなほどに基本的に仕事に誠実。
・・・いない、あんまり。
これまでの人生で10本の指に収まる。

こんな酔った演技もいつかは破綻するよな。
こんなとりとめの無いことを思うこと自体が泥酔していることなのかなw

めちゃくちゃに泥酔する時。
その時は、多分死ぬ時だろう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!


能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

関連記事

  1. 出張終了、いざ金沢へ
  2. 仕事とワリキリ
  3. 深夜、業務終了
  4. 「いらっしゃいませ」と思考停止
  5. 僕のスカウトメールがとんでもないことに・・・!
  6. 絶対に侮れない会社という「器」
  7. 経験という厄介なもの
  8. 停滞を払拭する次。でもなぁ・・・。

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,600人の購読者に加わりましょう

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 359918総閲覧数:
  • 352今日の閲覧数:
  • 3506先週の閲覧数:
  • 8742月別閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数:

最新記事

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

PAGE TOP