読書とブックレビュー

ワイの20年3月読書まとめw【読書とブックレビュー】

能戸です。

ホント、コロナ、コロナで疲れる毎日。
その癒しになったり、気晴らしになったり、ご飯の素になったりするのが、
読書だよねー。

ということで、3月に読んだ本を僕が使っている「読書メーター」というサイトがまとめてくれたので貼り付けるよ。
で、3月で1番良かった本はこれ!

ビジネスマネジャー検定試験公式テキスト〈3rd edition〉: 管理職のための基礎知識ビジネスマネジャー検定試験公式テキスト〈3rd edition〉: 管理職のための基礎知識感想
表題通り試験対策テキストなんだけど、経営書としてもすぐれた本と感じた。
特によかったのは冒頭14ページのドラッカーが重要視する「真摯さ」だ。
それは・・・マネジャーとして不適格なタイプとして、「人の強みより弱みに目の行く者」「評論家」「何が正しいかよりも、誰が正しいかに関心を持つ者」「真摯さよりも頭の良さを重視する者」「できる部下に脅威を感じることが明らかな者」・・・等々。
うん、ドラッカーというマネジメントの偉人がいて本当に良かったと思ったね。
読了日:03月28日 著者:

見ての通りのアパホテル。
先日、新型コロナウイルスの無症状者および軽症者のホテルでの受け入れ方針を発表したよね。

以下は、3月に読んだ本(雑誌が多いけどねー)の数々。
本って、ホント、人生の友達だね。

3月の読書メーター
読んだ本の数:30
読んだページ数:1556
ナイス数:8

ビジネスマネジャー検定試験公式テキスト〈3rd edition〉: 管理職のための基礎知識ビジネスマネジャー検定試験公式テキスト〈3rd edition〉: 管理職のための基礎知識感想
表題通り試験対策テキストなんだけど、経営書としてもすぐれた本と感じた。
特によかったのは冒頭14ページのドラッカーが重要視する「真摯さ」だ。
それは・・・マネジャーとして不適格なタイプとして、「人の強みより弱みに目の行く者」「評論家」「何が正しいかよりも、誰が正しいかに関心を持つ者」「真摯さよりも頭の良さを重視する者」「できる部下に脅威を感じることが明らかな者」・・・等々。
うん、ドラッカーというマネジメントの偉人がいて本当に良かったと思ったね。
読了日:03月28日 著者:
投資のプロはこうして先を読む 日経プレミアシリーズ投資のプロはこうして先を読む 日経プレミアシリーズ感想
「こうして先を読む」とあるけど、いたって真面目に経済指標の読み方を紐解くマジメな内容。
こういう本はたまに読むと頭をブラッシュアップできるのでイイ。

読了日:03月28日 著者:馬渕 治好
ニッキン3月27日号ニッキン3月27日号感想
今号はまさにコロナ一色の紙面。
その中で5面の私募投信が100兆円に迫るという記事が目に留まった。気になったのは純資産総額のグラフ。2011年半ばから一本調子で上がり続け、2019年に横ばいに。
そして12面の「記者手帳」が全国の金融機関の生声が書かれていい。
ということで、「週刊金財」とは対照的な現場直結的な紙面(僕的には2誌・紙で一式)、今週も良かったね。
読了日:03月28日 著者:日本金融通信社
投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)感想
レオスを率いる藤野氏が著書。
いいなと思ったのは、第3章、そして第4章だ。
特に第4章の「虚業」という言葉をめぐる著者の考え方には僕も同意。
新書だけど、中々読み応えのあった本だったね。
読了日:03月26日 著者:藤野 英人
ビデオ SALON (サロン) 2020年 4月号ビデオ SALON (サロン) 2020年 4月号感想
今号は盛りだくさんでよかった。
中でもよかった記事は、特集の映像インタビュー記事もそうだけど、
連載のギュイーンさんの連載「魅せる動画の作り方」。
今回はユーチューブが儲かるかどうかの話なんだけど、納得感が半端ない。
読み応えがある号だったね!
読了日:03月26日 著者:
Ma-Do 2020年5月発行号(vol.57)Ma-Do 2020年5月発行号(vol.57)感想
・良かった記事:サブアドバイザー名鑑
・良かったPR:JP、MUKAM
読了日:03月26日 著者:日本金融通信社
ニッキン投信情報2020年3月23日発行号ニッキン投信情報2020年3月23日発行号感想
今号の調査は、タブレット端末の導入状況。投信販売支援アプリシステムって、MS社、QUICK社だけと思いきやキヤノンさんも信金業界向けに出していたんだね。
読了日:03月26日 著者:日本金融通信社
JWA公認 Webアナリスト検定 公式テキスト (プレミアムブックス版)JWA公認 Webアナリスト検定 公式テキスト (プレミアムブックス版)感想
WEBマーケティング系の資格をとりまくる僕が次なるターゲットに定めている試験の公式テキスト。
374ページという分厚いテキスト、読み応えは抜群!内容もWEBサイトへの流入・回遊・コンバージョン・プランニングやデータの扱いまで網羅的なので、協力会社さんと二人三脚で仕事をするような人にはいいかも。
ということで、試験はちょっと先なんで、また読み返すかも。
読了日:03月24日 著者:日本Web協会
ニッキン3月20日号ニッキン3月20日号感想
今号でハッと思ったのは、
「MUFG コロナ禍を構造変革に」
だ。
この記事はMUFGを取り扱ったものだけど、色んな業界でこのコロナを機に構造がかわるだろうね。しかし、その前に何とか、何とか、乗り越えないとね。
読了日:03月21日 著者:日本金融通信社
Ma-Do 2019年11月発行号Ma-Do 2019年11月発行号感想
・良かった記事:日本資産運用基盤G、日興AM(アカデミー)
・良かったPR:QUICK
読了日:03月20日 著者:想研
週刊金融財政事情 2020年 3/16 号 [雑誌]週刊金融財政事情 2020年 3/16 号 [雑誌]感想
今号は先週号に引き続きコロナ。
記事としては、「パンデミック対策とリスク管理」、そして「感染拡大で想定される法的リスク対応」が良かった。
いずれにしろ、早くコロナを気にしない世の中になりたいね!
読了日:03月20日 著者:
ニッキン投信情報2020年3月9日発行号ニッキン投信情報2020年3月9日発行号感想
今号の特集は「運用会社のサービスへの改善要望」。
時代の移り変わりと共に変化する要望もあるけど、やはり変わらない要望が多いと感じる。そこはどんな業種でも同じだなと思うね。

読了日:03月18日 著者:日本金融通信社
ニッキン投信情報2020年1月13日発行号ニッキン投信情報2020年1月13日発行号感想
今号の特集、2020年の投信市場を読み解く5つの論点は良かった。
積立、若年層、FD、ESG、AIという論点との関わりについて頭が整理できたね。
読了日:03月18日 著者:日本金融通信社
ニッキン投信情報2019年12月9日発行号ニッキン投信情報2019年12月9日発行号感想
今号の調査は「投信顧客の年齢層」。
資産形成層の購入割合も(アンケートに回答された金融機関だけだけど)掲載されていて相変わらず非常に貴重で興味深い調査だったね。

読了日:03月16日 著者:日本金融通信社
週刊金融財政事情 2020年 3/9 号 [雑誌]週刊金融財政事情 2020年 3/9 号 [雑誌]感想
特集はコロナなんだけど、もう1つの特集は、
「中銀デジタル通貨の針路」というもの。
その中の日本IBMの方の論考の中で出てくる、
「中銀デジタル通貨の形態の整理」「中銀デジタル通貨と現金・電子マネー等との比較」が頭の整理になる。
あと僕的に好きな連載「誕生60年 わが国クレジットカードの歩み」がいい。今回は銀行系のカード会社の成り立ちに言及した内容で(地銀のバンクカードとか僕的に懐かしい)、マニアの僕にとっては楽しい内容だったね。

読了日:03月16日 著者:
週刊金融財政事情 2020年 3/2 号 [雑誌]週刊金融財政事情 2020年 3/2 号 [雑誌]感想
今号は特集はさておき、「新聞の盲点」が読み応えがあって良かった。
内容は「指数算出会社」について。業界外の人だったら余り関係ないかもしれないけど、金融システムの中での立ち位置について頭の整理が出来るものだった。
本誌冒頭から読みごたえがある記事だったね。
読了日:03月16日 著者:
週刊金融財政事情 2020年 2/24 号 [雑誌]週刊金融財政事情 2020年 2/24 号 [雑誌]感想
今号の特集は「検査マニュアル廃止後の融資業務」なんだけど、25ページの「「伴走支援型融資」への転換を」の談話された方の肩書に目が行った。
中小企業診断士ならぬ「中小企業応援士」とあり、調べてみると・・・うん、なるほどと思ったね。
読了日:03月16日 著者:
ニッキン3月13日号ニッキン3月13日号感想
僕の注目記事は19面の
「感染防止にウェブ活用」
だ。
もちろん、この感染とはコロナのことを指していて、対面の各種集まりをウェブを活用するよう取り組んでいる各社を紹介している。
長引くと「ある種の産業構造が変化するのでは?」なんて思ったね。
読了日:03月15日 著者:日本金融通信社
広報会議2020年3月号 地域×SDGs 社会課題に挑む (宣伝会議)広報会議2020年3月号 地域×SDGs 社会課題に挑む (宣伝会議)感想
今号でハッと思った記事は、東京2020へのゴールドパートナーであるみずほFGの取り組み。
2017年のユーチューブ動画「みずほダンス」というのがあったんだね。取り組みのスケールにほーっと思ったね。
読了日:03月07日 著者:
広報会議2020年2月号[雑誌]広報会議2020年2月号[雑誌]感想
今号は、「広報の仕事 課題と戦略2020」ということで、眺めていたら、広報効果測定に関する意見を取り上げた記事に目が行った。
どんな業務も予算は限られているので、効果測定に対する課題のコメントは参考になったね。
読了日:03月07日 著者:
広報会議2020年1月号 危機管理広報2020広報会議2020年1月号 危機管理広報2020感想
今号の特集はかなり実践的な内容でクライシス発生時の対応チェックシートも掲載。
ほーっと思ったね。
読了日:03月07日 著者:宣伝会議
販促会議2020年3月号販促会議2020年3月号感想
今号も様々な販促が紹介されているんだけど、僕的にはゲオのロッカー型店舗がユニーク!と思ったね。
読了日:03月07日 著者:
ニッキン3月6日号ニッキン3月6日号感想
5面の三井住友DSAMの販社向け研修会の記事が目を惹いた。 ライブ配信で利便性向上ということで、YouTube,V-Cube,そしてJ-Streamを活用していることを詳細に紹介。 この方向の流れは止められないだろう・・・ってか、止める必要はないけどw
読了日:03月07日 著者:日本金融通信社
ニッキン投信情報2月24日発行号ニッキン投信情報2月24日発行号感想
今号のファンド列島は福島県。
福島銀行がSBI証券との共同店舗を郡山営業部内に開設という文言が目を惹いたね。
読了日:03月07日 著者:日本金融通信社
ニッキン投信情報2月10日発行号ニッキン投信情報2月10日発行号感想
冒頭のロボット投信野口社長のDXとAPIについての寄稿が良かった。
投信業界というより銀行業界の事例ではあるが、APIの解説を通してDXについて解説する内容。
頭の整理ができたね。
読了日:03月01日 著者:日本金融通信社
ニッキン2月28日号ニッキン2月28日号感想
きんざいと並び立つ金融界の業界紙「ニッキン」を今号から久々に個人で定期購読することに。
で、18面の「ミドルが拓く370人の声」が興味深い。
「働き方改革の実情Ⅱ」ということなんだけど、今の時代の地銀や信金って本当に年休取得を推進しているだな・・・ってこと。
四半世紀前なら、「休む」ということ自体が非常事態的な感じだったわけで・・・時代ってホント、移り変わるものだし、昔より今、本当に進化しているんだなと。
読了日:03月01日 著者:日本金融通信社
販促会議2020年2月号[雑誌]販促会議2020年2月号[雑誌]感想
30ページの「きのこの山」「たけのこの里」のどっちが人気かのキャンペーンが面白い。場所はメトロプロムナードってのがまたイメージが湧く。
そして、124ページのKDDIとローソンとの次世代コンビニも目が離せないし、128ページのキャッシュレス決済に関する調査では、二次元コード決済利用が意外な年齢層がけん引という興味深い内容。
うん、よかったね。
読了日:03月01日 著者:
販促会議2020年1月号販促会議2020年1月号感想
128ページにあるライブコマースの利用意向調査が興味深い。認知度は低い・・・っていうか、僕も1度しか観たことないけど。ホント、販促のバリエーションって無数にあるもんだね。
読了日:03月01日 著者:
ブレーン2019年12月号 見る人のモーメントを捉える映像表現ブレーン2019年12月号 見る人のモーメントを捉える映像表現感想
特集中のベルフェイスの照英さん出演「It's OLD 営業」CM、タクシーアドで観た時は仰天したもんだけど、文中によるとこのCMで当初の4倍以上に利用企業が増えたっていうから驚き・・・広告の効果ってやはりあるもんだ。
読了日:03月01日 著者:ブレーン編集部
広報会議2019年12月号 Twitter活用の広報戦術広報会議2019年12月号 Twitter活用の広報戦術感想
今号、特集のツイッターはさておき、「社内報のつくり方」総集編のダウンロード特典がデジタル版のみの購読者は対象外ってのは痛い号だった(´;ω;`)
読了日:03月01日 著者:

読書メーター

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!

能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト

関連記事

  1. ブックオフvsせどり屋、そして巻き込まれるパンピー
  2. ホリエモン本の言葉にテンション上がって
  3. 「どこでも誰とでも働ける」( 尾原 和啓 著)これからの、組織で…
  4. 「俺か、俺以外か」(ROLAND著)【読書とブックレビュー】
  5. しかし、人生って最後の最後まで気を抜けないだろうな(「大市民」シ…
  6. また閉館で無駄足
  7. 本棚崩壊w
  8. マンガ週間w

時系列別記事リスト

投稿カレンダー

2020年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

能戸淳のぐるなび

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

能戸淳のブクログ


Amazon情報

Firefox for Fire TV

新品価格
¥0から
(2018/1/8 18:21時点)

能戸淳のTwitter

能戸淳の動画ブログ

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 22現在の記事:
  • 758931総閲覧数:
  • 487今日の閲覧数:
  • 523昨日の閲覧数:
  • 4009先週の閲覧数:
  • 3540月別閲覧数:
  • 304一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年6月2日カウント開始日:

最新記事

ZenBack

能戸淳のPinterst

PAGE TOP