ニュース・時事問題

「埼玉県議会のお茶出し廃止」と世の中の慣例、人のふり見て我がふり直せ的な。【ニュース・時事問題】

能戸です。
このニュース、

「女性が県議にお茶出し」廃止 埼玉、専従で7人雇用:朝日新聞デジタル

自分のお茶は自分で――。埼玉県議会の常任委員会などで、女性職員らが委員の県議にお茶を出す慣例が廃止されることになった。この慣例のために県は、お茶出しだけを担当する臨時職員の女性を7人雇っていた。経費削減などの理由から、自民党県議団が13日の会派代表者会議で提案し、他会派も同意した。 …

今の時代じゃ批判されてもしょうがないことなんだけど、

このテレビのテロップにある通り、この手の
慣例
って、
作られた当初は崇高な理想があったわけなんだよね、きっと。

議員さんは議会での仕事に集中するために自分でお茶を汲みに行くのは時間がもったいない、とかね。
でも今の時代はペットボトルのお茶という文明の利器がある。

この埼玉の事例では、お茶出しに税金を使うのはけしからんということが発端だったろうけど、単に余りに当たり前のことだったんで、変える意識もなかったんだろうよ。

時代の流れといえばそうだけど、僕らも変えることを忘れている当たり前のことって結構あると思う。
人のふり見て我がふり直せ、的なニュースだったね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!

能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト

関連記事

  1. 都知事選挙と消去法
  2. 「見抜けなかった」人たちの罪
  3. 女性の社会進出が少子化の原因じゃないって。男もやりたいことがあり…
  4. ショーンK問題。問題の根底は、「選民意識」「差別意識」そして「承…
  5. ティッシュをゲットw【ニュース・時事問題】
  6. 「何が」じゃなくて「誰が」が重要だったり
  7. いじめは無くならない、だから・・・【ニュース・時事問題】
  8. 反復練習の重要性

時系列別記事リスト

投稿カレンダー

2020年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

能戸淳のぐるなび

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

能戸淳のブクログ


Amazon情報

Firefox for Fire TV

新品価格
¥0から
(2018/1/8 18:21時点)

能戸淳のTwitter

能戸淳の動画ブログ

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 28現在の記事:
  • 722780総閲覧数:
  • 451今日の閲覧数:
  • 825昨日の閲覧数:
  • 4195先週の閲覧数:
  • 1719月別閲覧数:
  • 282一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年6月2日カウント開始日:

最新記事

能戸淳のPinterst

PAGE TOP