読書とブックレビュー

「最後の頭取」(河谷禎昌)#1 人生を変えた1997年11月【読書とブックレビュー】

能戸です。

最近この本を読了した。

この本の作者は、
河谷禎昌氏
だ。

つまり、氏が「最後の頭取」、北海道拓殖銀行(拓銀)の最後の頭取である自身を描いた本だ。
内容は、拓銀入行から幹部になるまでの行員人生を中心に、破綻の一因であるバブル期の過剰融資、経営危機と合併構想というもの。
ひょっとすると北海道出身者以外だったら、それほど注目すべき本かどうかという内容かもしれない。

でも、僕はこの北海道拓殖銀行にはことさら思い入れがある。
1997年3月。
経営が非常に厳しくなった北海道拓殖銀行はある銀行と合併構想を発表した。
その時、僕は合併構想を発表した相手、北海道銀行の新入行員だったのだ。
その合併構想は同年11月に破談した。

1997年は様々な金融機関が経営危機を迎え、その中で僕はどう生きていくか日々考えるなかで、出した結論が転職だった。
もう20年も前のことだけど、この本を読んでその日々のことをありありと思い出した。

ということで、不定期にこの本を読んで思ったことをつらつらと書いていくね。
今日は眠いから寝るけどねw

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!

能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト

関連記事

  1. ワイの20年3月読書まとめw【読書とブックレビュー】
  2. 青木選手に大共感!こりゃ強いわけだわ(「空気を読んではいけない」…
  3. 僕待望の書籍を手にして、震える手でページを開いて感じたことは・・…
  4. 思い出すよね、誰にでも一人はいる「あのひと」を。その思い出す理由…
  5. 「下積み」は「嫉妬」をかわすためのプロセスかもね(「面白い生き方…
  6. 無意識に
  7. ブックオフvsせどり屋、そして巻き込まれるパンピー
  8. ワイの20年4月読書まとめw【読書とブックレビュー】

時系列別記事リスト

投稿カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

能戸淳のぐるなび

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

能戸淳のブクログ


Amazon情報

Firefox for Fire TV

新品価格
¥0から
(2018/1/8 18:21時点)

能戸淳のTwitter

カテゴリー

最新記事

PAGE TOP