読書とブックレビュー

「元ヤン1」(山本 隆一郎 著)準主人公の「過去」との決別の仕方に深いドラマ性を感じる(★★★★★)

今回の「読書とブックレビュー」はこの作品。

この手の作品を久しぶりに読む僕にとって、まず設定が面白い。

かつて地元の街・ワカヤマの“紀伊”を席巻した伝説の不良集団『紀伊浪』の一員として、輝かしい時間を過ごしていた矢沢正次。5年後の現在、彼は立派な“元ヤン”として、自動車教習所で働く平凡ながらも安定した日々を過ごしていた。そんな正次のもとに届いたのは、元『紀伊浪』リーダーが事故死した報せ、そして、地元が隣国“伊勢”に攻め込まれているという噂だった──。

(出所:Amazon.co.jpの内容紹介)

でも、読み始めた当初、過去の不良少年は今では・・・というのはソソられる話だけど、23歳時点というのが何とも中途半端だなーって感じた。

でもでも、それは良い設定だと思ってきたのは、今では警察官になったメンバーが登場してからだ。

かれは元ヤンだったんだけど、高校卒業を期に警察官となり自分を変えようとした。
しかし、有名な不良少年であったことから、周囲の同僚から色メガネで見られる。
それだけではなく、同僚からあからさまな嫌がらせをされたりするわけだ。

こういう描かれ方というか接され方って、実社会でもよくあったりする。
それが、過去不良少年だったからということだけじゃなく、
色んな「過去」を引き合いに出されて色メガネで見られる、嫌がらせをされる
というものね。

人が会社に所属するように、会社が所属する業界というのも広くて狭い。
例えば僕がいる業界も狭くて、会社を移っても評判、それも悪い評判はすぐ伝わるものだ。

しかし、そういう中で過去から決別するという生き方もある。
劇中の警察官の彼は、不良少年であった過去と決別すべく、過去の自分と同様の不良少年の取締に精を出す。
でもそれは過去の自分を否定するようなものだ。

積み上げてきた人生を自ら否定するのは辛いものだ。
でも、それを否定するのも人生100年時代ならアリかも!?

なーんて、この作品を読んであーだ、こーだ考えていましたw
ま、さておき、これから主人公たちはどんな身の処し方をするのか、続巻がとっても気になるね!

能戸淳のDVD・読書のレビューが詰まっているMediaMarkerはココ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でheavenjunをフォローしよう!

能戸 淳

投稿者の記事一覧

北海道出身、金融界周辺に漂い十数年、
ですがその匂いが全く感じられないといわれます。
金融絡みの内容は書きません。中身はアラフォー関連のライフスタイル中心です。
なるべく楽しいエントリで埋め尽くしたいのですが、人間ですので辛口になることが多々あります。ご容赦をw

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト

関連記事

  1. 「45歳から5億円を稼ぐ勉強法」能戸が2017年読んだ本のベスト…
  2. 壮大で暑苦しいのはウケないのかね・・・
  3. 生きていれば何とか、ね。〜山下弘子氏「雨上がりに咲く向日葵のよう…
  4. ホリエモン本の言葉にテンション上がって
  5. 軽い文体ながら、この著者は人知れず努力したはず。「汗」を感じたね…
  6. 想ったがための行動が、裏腹な評価につながるという皮肉:石原慎太郎…
  7. リーダーシップね・・・

時系列別記事リスト

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,593人の購読者に加わりましょう

Twitter でフォロー

投稿カレンダー

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

フォトギャラリー

PHOTOHITOブログパーツ

Firefox for Fire TV

新品価格
¥0から
(2018/1/8 18:21時点)

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 18現在の記事:
  • 537290総閲覧数:
  • 53今日の閲覧数:
  • 343昨日の閲覧数:
  • 2707先週の閲覧数:
  • 8482月別閲覧数:
  • 265一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年6月2日カウント開始日:

最新記事

能戸淳のPinterst

PAGE TOP